ハムストリングスが硬い

バレエ グランバットマン 足が上がらない

症例:グランバットマンで足が上がらない意外な理由

こんにちは。島田です。
 
 
グランバットマンで足が上がらないときに
・ハムストリングスや坐骨のつまり、
・膝裏がピンと張った感じ
が気になるからハムストリングスのストレッチを一生懸命やりませんか?

実はハムストリングス以外の原因で足が上がらないケースもあるんです。

今回は普段意識しない部分が影響していました。

続きです↓

 

PS.
今回は意外な理由でしたけど、正当な理由で足が上がらないケースがほとんどです。
その場合はもう少しステップ分けが必要なので、また次の機会に^^

ハムストリングスが硬い意外な原因

ハムストリングスが硬い意外な原因

こんにちは。島田です。

あなたはバレエを踊っていてこんな経験ありませんか?

「バーに足をかけてストレッチするときに、ハムストリングスが硬くて皆みたいに体が折れない…」
「一生懸命にストレッチしてもハムストリングスがゆるまない…」

単純なストレッチ不足のこともあります^^;2〜3分じゃ難しいですよ。
でも、実は意外なところが問題でハムストリングスが硬いことがあります。それは…足首の外側。
 

外くるぶしの下の疲労→ハムストリングスの硬さ?

 
外くるぶしの下に疲労が溜まって足首の動きが悪くなると、その防御反応でハムストリングスが硬くなります。
この場合、ハムストリングスの筋肉自体はゆるんでも、使うときになると足首が危ないのでガッチリ固まっちゃうんですね。

対応する部分はこんな感じ
バレエ ハムストリングス 硬い
①外くるぶしの真下
ハムストリングスの真ん中くらいが硬いときはここに問題ありです。

②外くるぶしの斜め前
ハムストリングスでも、より膝に近い部分が硬いときには、外くるぶしの前が痛いかむくんでたりします。

③外くるぶしの斜め後ろ(かかとの上)
外側〜横のハムストリングスが硬いときは、外くるぶしの後ろ(かかとの上)に問題ありのサインです。
 

ハムストリングスが硬いなら、外くるぶしをほぐしながらストレッチしましょう

 
長座でハムストリングスのストレッチをするときに、外くるぶしの下をほぐしながらやるのがオススメ。毎日続けることでハムストリングスの硬さがとれてきますよ^^

P.S.
ちなみに、硬さが全然とれないときはハムストリングスには問題がなくて、どこかをかばって硬くしていることがあります。(猫背、ひどいタックイン、背中の疲労など)その場合は、そっちをゆるめないとハムストリングスはゆるみません。

ハムストリングス 硬い ツボ

硬いハムストリングスの痛み改善!ツボストレッチ

こんにちは。島田です。

あなたは、ハムストリングス(太ももの後ろ側)が硬くて困ったことありませんか?ハムストリングスが固い・痛いと色々な部分に影響が出ます。
例えば、
・足の付け根が硬くなる
・膝や股関節が痛い
・バットマンやアラベスクしにくい
などなど

それはわかっていても、なかなかストレッチで伸びない>_<;』と、いうあなたに、今回紹介したいのがツボを押しながらのストレッチです。ストレッチしながら押しやすいように、肘にあるツボを使います。

 

ハムストリングス緩めるツボ

ハムストリング ツボ
手三里(てさんり)という肘下のツボのあたりは、ハムストリングスの硬さと関係があります。
このあたりを探して一番痛い所を押さえながらハムストリングスのストレッチしてみてください。折れ曲がる角度が違うはずです。

 

ストレッチのコツ

「運動前のストレッチは動的な方が良い」、「いやゆっくり伸ばした方がいい」など色々な意見があると思います。
今回は、『硬さをとる』ということに対して使えるストレッチの仕方です。

伸びる所まで体をもってきたら7秒そのまま

一度戻ります

1度目よりもう少し深く伸ばして7秒そのまま

×3回

また、伸ばす方向も大切です。
1.まっすぐ伸ばす。
2.今度は反対側(右を伸ばすときは左)に向いて伸ばす。
3.最後は体を同じ側にねじって(右を伸ばすなら右にねじって)伸ばす。
この3方向のばすと、まんべんなくハムストリングスが伸びます。

このときぜひツボを押しながらやってみてください。よく伸びますよ^^
固いハムストリングスを撃退して股関節や膝をラクに使ってみてください。

PS
もし、ストレッチで全然ハムストリングスの硬さが全然とれないなら、別の場所をかばうためにハムストリングスを硬くしている可能性があります。このプログラムが役立つかも。
バレエの動き改善プログラム