ハムストリングスが硬い

前屈をもっとラクにするための6つのコツ

 

こんにちは。島田です。

バレエ教室のストレッチで、前屈をすることがあるかもしれません。これは前屈できることが、肩甲骨・背中やハムストリングスを使いやすくする近道だから。

でも、いざ前屈しようとすると、
・背中が丸まってしまったり…
・膝裏や付け根、ハムストリングスが痛かったり…
なんてことありませんか?

そこで、今回は前屈をもっとラクにしやすくする6つのコツについてお話します。

 

【はじめに】前屈するときの足幅は?

まず、足を肩幅に足を肩幅にして立ちます。この理由は、ここから歩いたり・走ったりすぐできる位の幅だから。つまり、前後・左右・斜めと動きだせることで柔軟性が増します。

ここから前屈をスタートします。
前屈するときのコツは、次の6つです。

前屈するときの6つのコツ

1前屈するときの倒し方のコツ.004
【コツ1】顔や前を向いたまま or やや上向きをキープして体を倒す
【コツ2】肘(二の腕の骨)を後ろに引きつつ体を倒す
【コツ3】腰は少し後ろに引きながら体を倒す
【コツ4】股関節を支点に倒す(足を前に上げるときの感じ)
【コツ5】膝を伸ばす(後ろに押し出すのではなく、ふくらはぎをアキレス腱に近づける感じ)
【コツ6】足の指が動かないように or 指を伸ばす

では、なぜ、それぞれのコツが前屈をやりやすくしてくれるのか、掘り下げてみていきましょう。

 

コツ1.顔や前を向いたまま or やや上向きをキープして体を倒す

顔を始めから下に向けてしまうと、腰椎がロックされて腰が曲がらない・骨盤後傾する原因になります。この状態だと、前屈がしづらいです。

なので、顔は前を向いた状態をキープ or やや上向きかなくらいのまま体を倒していくことが、背中を曲げずに伸ばすコツです。

目安は、50cm〜1m先を見ながら体を倒すイメージです。

 

コツ2.肘(二の腕の骨)を後ろに引きつつ体を倒す

これは、肩甲骨が外側にズレて、背中が伸ばしにくくなるのを防ぐためです。

バレエでは「肘が落ちる」という表現を使いますが、肘が曲がりきったり、伸びきった状態だと、腕は体幹を支えることができません。この状態で前屈をすると、背中が丸くなります。

つまり肘の位置をいい位置にキープすることで、前屈で体幹を支えることができるんですね。

肘〜二の腕(上腕骨)を後ろに引くようにすることで、腕〜骨盤までつながる広背筋が働いて、背中を伸ばすのをサポートしてくれます。

 

コツ3.腰は少し後ろに引きながら体を倒す

これはペアでやるとわかるのですが、誰かに腰を支えてもらうか、少し後ろに引いてもらいながら前屈をしていくと、余計な力が入らないのでスムーズに前屈しやすいんですね。

お尻を下げずに腰を引いたまま体を前に倒すようにすると、骨盤も立ちやすいので、【コツ4】にあるように股関節を軸に体を前に倒しやすいです。こうすることで、前屈したときに足の付け根が痛いのを防ぐことができます。

 

コツ4.股関節を支点に倒す(足を前に上げるときの感じ)

前屈する時って、よく股関節から折り曲げるって聞いたことありませんか?
でも、どうやれば股関節から曲がるのかわからないことありません?^^;

この時の使い方は、足を前に上げるときと似ています。この時、腸腰筋(ちょうようきん)を使います。こうすることで股関節を前に曲げながら、体幹を折ることができます。

ただ、脚を支えながらでないと、お尻が下がって股関節が使えないので、後ろに倒れそうになります。次の【コツ5】とセットで行うことでより効果的になります。

 

コツ5.膝を伸ばす(後ろに押し出すのではなく、ふくらはぎをアキレス腱に近づける感じ)

膝を伸ばそうとしてやりがちなのが、膝を後ろに押し出すこと。こうすると、脚を支えられないだけでなく、もも裏のハムストリングスや前ももの大腿四頭筋に余計な緊張が加わります。膝裏が痛かったり、前屈するときに足がしびれる原因になります。

膝を伸ばす時は、【コツ4】の腸腰筋を使いながら、ハムストリングスを上に、ふくらはぎをアキレス腱に近づけるイメージでストレッチすると、伸びやすいです。

 

コツ6.足の指が動かないように or 指を伸ばす

これは体が硬い人に多いんですが、前屈しているときに、気づかず指が浮いたり動いてしまうんです。こうすると、体が支えきれず、グラグラして固まってしまう人は多いです。

指先まで床にペターっと着いた状態で行うか、つま先(足の指)〜かかと伸ばすようにしながら前屈すると、体の後ろ側全体が伸びやすくなります。

 

まとめ『できるところから1つずつ』

いかがだったでしょうか?「前屈するためにハムストリングスを柔らかくしよう!」と、むやみにモモ裏をギューギュー伸ばすと、後で痛めた時にかえってストレッチしにくくなります。

ぜひ、今回のコツを使って、できるところから前屈を改善してみてください^ ^

 

ハムストリングスが硬い3つの原因

こんにちは。島田です。

バレエであったりダンスなどで踊っていると、「ハムストリングス(もも裏)が硬いな」と思うことがありませんか?

ハムストリングスの筋肉自体が疲れて硬い、ということもあるのですが、他の部分をかばって硬いということもあります。

今回はハムストリングスが硬くなる原因つに分けてお話します。
 
 

ハムストリングスが硬い3つの原因

 
 

ハムストリングスが硬くなる原因を近い順からみていくと…、次の3つのパーツに分けることができます。

ハムストリングスが硬い3つの原因.011

原因1:骨盤のズレ
原因2:体幹弱くて肋骨が開く、背中が硬い
原因3:首〜肩が硬い、顔が先に動く
 
 
このように3つのパーツのどこかに問題があると、体勢を崩さないために、かばってハムストリングスが硬くなります。

では、どんな感じで硬さを作るのか、1つずつ掘り下げていきますね。
 
 

原因1:骨盤のズレ(タックイン・出っ尻)

 
 
ハムストリングスが硬い3つの原因.012

1つ目は骨盤のズレ。
今回お話する3つのなかで、一番影響が強いです。

理由は、ハムストリングスは骨盤(坐骨・ざこつ)から膝裏までいくので、くっつく片側の骨盤に問題があれば、モロにそのあおりを受けるから。

具体的にどうなるか?というと…

例えば、骨盤がタックインすると、

・坐骨が下に下がる
・膝は前に押し出されて曲がる

ようになります。

なので、間にあるハムストリングスは、縮みやすくなって伸ばすと硬い感じになるんですね。

ハムストリングスが硬い3つの原因.017

逆に出っ尻のようになると…

・坐骨は上(後ろ)に引っ張られる
・膝の上は後ろに行くので伸びそうな感じですが、すねが前に押し出されるので、結局、膝は曲がる

ようになります。

すると、今度はハムストリングスでも膝裏(ひざうら)に近いあたりが伸びにくいということになるんです。

ハムストリングスが硬い3つの原因.023

こんな感じで骨盤のズレがあると、ハムストリングスがそこをかばって硬くなっちゃうんですね。

で、これらの骨盤のズレをつくる原因になりやすいのが…
 
 
ハムストリングスが硬い3つの原因.025
 
 
体幹です。
 
 

原因2:体幹弱くて肋骨開く・背中が硬い

 
 
体幹が弱くてグラグラしたり、背中が硬い状態だとどうなるかというと、こんなイメージのゆがみが起きます。
ハムストリングスが硬い3つの原因.035

・肋骨(あばら)が開いて、骨盤が下がる
・股関節はイン(内側)に入りやすくなる
・反対側の骨盤は前に押し出される

という感じになって、図でいうと、右側は出っ尻タイプで、左側はタックインタイプでそれぞれハムストリングスが硬くなります。

そして、この背中のコントロールをするのが首〜肩です。
 
 

原因3:首〜肩が硬い、顔が先に動く

 
 
首がグラグラ動く、踊っていて顔から突っ込む…など、表現はいろいろありますが、顔から先に動いてしまうと、首や肩(腕のつけね)が動きます。

すると、背中は体勢が崩れないようにかばって固まるため、背中が動かず硬くなってきます。

そして、原因2のような状態になってハムストリングスが硬くなっていくんですね。

ハムストリングスが硬い3つの原因.042
 
 

まとめ

 
 
さて、いかがだったでしょうか?

ハムストリングスが硬い、というとき、確かに筋肉自体が硬い場合もあるのでそこをほぐせば大丈夫なケースもあります。

でも、なかなか硬さがとれないときは、今回お話したようにどこかをかばってなっていることがあるんですね。今回はその原因を大きく3つに分けてお話しました。
ハムストリングスが硬い3つの原因.048
 
 
原因1:骨盤のズレ
原因2:体幹弱くて肋骨が開く、背中が硬い
原因3:首〜肩が硬い、顔が先に動く

このようにパーツに分けると、自分はどの辺が原因でハムストリングスが硬くなってるのか、アプローチするヒントになると思いますので、ぜひ^^
 
 
P.S.
骨盤と足首の骨はリンクしているのでそちらから整えることもできますよ^^
この記事を読んだ人はこちらも見ています↓
 
 
ハムストリングスが硬い意外な原因
ハムストリングスの硬さをとる

バレエ 前屈 ストレッチ

バレエのストレッチで前屈が苦手なときの解決法

こんにちは。島田です。

バレエのストレッチで、前屈が苦手というとき、多くの場合「ハムストリングスが固くて…」と思いませんか?

でも、実はこんなケースの場合、いくらハムストリングスのストレッチをしても前屈はできません。(かえって痛めるだけです)
今回は、普段あなたにお伝えしているセルフチューニングを、私が実際にどう使っているかも含めて解説していきます。

バレエのストレッチで前屈をする時によくある悩みが、

「ハムストリングス(もも裏)が硬くて前屈が出来ない」
です。あなたもそう思っているかもしれません。

でも…同じ前屈をしていても、こんな場合はハムストリングスの硬さというのは原因ではない事があります。
バレエ ストレッチ 前屈
例えば…これくらいの位置で一生懸命この状態でやっても、もも裏が痛いだけでなかなか前に進まないと思います。
これ何が問題かと言うと…腰が落ちていたり、骨盤が立っていなかったり背中が硬い事が考えられます。
従って、この状態からだといくら頑張っても前屈は出来ません。

これはハムストリングスの硬さの問題では無く、どちらかというと上3つの問題です。
 

では、どうやって前屈をしやすくするのか?

 

バレエ自体が整体なので、そのポーズで必要な動きをパーツに分けて整える事で改善する事が出来ます。

例えば今回の前屈の場合はこのようなチェックシートになります。
バレエ 前屈 改善
私が行ったやつは、この中でもプリエです。
腰を立たせる…特に1番、2番等は腰を立たせるのに使います。
背中をまっすぐ倒すのに使うのは3番から5番のプリエです。
 

続けてアームスの絞りです、これをやる事によって背中が引き上がって股関節が開くのでプリエもしやすくなりますし、ターンアウトが開きやすくなります。
後は内ももで骨盤を立たせる方法によって、内転筋を使いやすくして骨盤を立たせるというのをやりました。

プリエで、背中を真っ直ぐ上げ下げ出来れば体幹が使いやすくなって体は折りやすくなります。
 

プラスで内ももで骨盤を立てる方法を行っています。
背中を引き上げた状態で、まず体幹を起こして骨盤を立たせるようにします。
 
これ、腹筋に見えますが腹筋は全く使っていません。
使っているのはどちらかというと背中です。(背中を伸ばして足を上げている感じ)
後は骨盤の中側の筋肉を使っている感じになります。
 

前屈ビフォー&アフター

 
こうして整えていくと体幹が使いやすくなるので、このようになります。
バレエ 前屈 改善
先程の状態と比べると、折れる位置が変わっているのが分かると思います。
ストレッチをする前にきちんと整えてあげると…ここまでいくので、ここからストレッチをしてあげると、より効果的です。
 
このように、パーツに分けて整える事によって「前屈なんて柔軟性の問題だろ!」って思っているかもしれませんが、そのように諦めているポーズもスキル…運転や自転車と同じように学んで使っていけば出来る事に変える事が出来ます。

なので…もしあなたがハムストリングスが硬くて前屈が出来ないとか、ストレッチをしてるのに全然硬くていかないなぁと悩んでいるのであれば、今回のようにパーツごとに整えてみてはいかがでしょうか?