バレエと腰痛

アラベスク 腰痛

アラベスク腰痛を起こす原因(※腰以外で)

こんにちは。島田です。

あなたはバレエを踊ってて、アラベスクするときに腰が痛いことありませんか?もしあるなら、次の症状にいくつ当てはまりますか?全部あったらまぁまぁ重症です^^;

「後ろのカンブレが痛い、前のカンブレは平気…」
「仰向けで起き上がるのは平気。でも足を後ろに上げると腰が痛い…」
「呼吸が浅くてレッスン途中からきつい…」
「首が回りづらい…」

これらは一見関係ない症状の集まりのようにみえます。でも、ある共通点があるんです。それは、肋骨が開いてること。しかも片側だけ。
 

片側の肋骨が開く≒アラベスクで腰が痛い?

肋骨開く
片側だけ肋骨が開いている→その肋骨が付いている部分の胸椎がつまって使えてないサイン。

この場合、仰向けで起き上がるのは平気なので、腸腰筋などの腰の筋肉はそれほど問題ありません。でも、アラベスクで足を後ろに上げるときに腰が痛いのは肋骨が開いているせいで胸椎が引っかかるからです。

アラベスクで足を上げるのは胸椎(下部)です。
アラベスク 足高く
そこが動かないので腰の負担が増えて、後ろのカンブレなどで腰を反るときに腰痛がでます。
さらに、胸椎が硬いと肋骨がきちんと広がらないので、呼吸が浅くなります。首に力が入りやすくなって回りづらくなります。

肋骨が下がってるって言われて脇を支えられると肩が軽い…。胸を張ろうとすると、背中がきつくて、どうしても出っ尻になっちゃう…。その場合はアラベスク腰痛予備軍です。
 

片側の肋骨を開く原因とシンプルな対策

 
①肩かけ(片側だけにバッグを背負う)
②ソファにそのまま座る
は肋骨を開きます。
また、PC作業でマウスを使っている場合も片側の肋骨が開きやすくなります。

もし本気でこの腰痛を取りたいなら、肩かけは止めた方が良いです。どうしても肩かけしたいなら、反対側にもやるようにしてバランスをとってください。
ソファに座るときは、座る位置にタオルやクッションを置いて一段高くして座るのがオススメ。骨盤も寝ないし肋骨も開きにくいです。

これらの対策が習慣にできると肋骨の開きもとれて腰の痛みも減ってきますよ^^

アラベスクで腰が痛いときにチェックすべき3つのポイント

こんにちは。島田です。

先生が厳しい教室では形を直すときにガッといくことがあります。愛のムチですね。「ここはこう!」的な感じで^^;でも、それで筋肉を痛めちゃうこともたま〜にあります。「アラベスクのポーズを先生にガッと直されたときに腰が痛くなった…」あなたは、そういう経験ありませんか?今回のお話はそんな人に役立つと思います。

痛い場所は腰。でも、これいわゆる腰痛と違いますよね。バレエの動きでやりづらいところがあって腰に負担がきているから痛いんです。『どの動きが腰の痛みの原因なのか』をチェックしてそこを直せば痛みはとれていきます。そこで、今日は
 

アラベスクで腰が痛いときにチェックすべき3つのポイント

 
を紹介します。自分の苦手な動きがあれば、アラベスクするときのチェックに使ってみてください。

(1)ターンアウトがきちんとできてない

ターンアウトがきちんとできてないと、股関節の動きが途中で止まります。そこから足を無理に上げようとすると、腰の筋肉が余分に頑張るので腰を痛めます。足の付け根を痛めやすいのもこのタイプが多いです。

(2)肋骨が上がってない

バレエは重力に逆らう運動です。そのためには肋骨の引き上げが大事なんですが、ここがうまくいかないと肩甲骨の重さを腰がダイレクトに受けます。さらにここから腰を反ろうとするとビシッと痛めます^^;これは普段デスクワークで肩こりがある人に多いです。

(3)肩甲骨が固まってる

肩甲骨が固まってると、そもそも腕伸ばせません。でも、頑張れば伸ばせるよと思うあなた。それは背中の筋肉(広背筋)を使って伸ばしているんです。つまり、肩甲骨が固まってると腕を伸ばすときに背中を痛めやすくなります。

 
アラベスクで腰が痛いな〜と思うときは、まずこの3つがOKかチェックしてみてください。
腰痛への影響度はターンアウト>肋骨>肩甲骨です。
あなたが腰痛持ちでなければ、この3つ大丈夫なら痛みは起きにくくなりますよ^^

 
PS
バレエって学ぶことが多すぎて、自分の体の使い方これで合ってる?と迷子になってるならこのプログラムがおススメです。痛みも取りながら、あなたにとって合った動かし方もレクチャーします。
バレエのための鍼灸整体

IMG_4486-0.JPG

バレエ腰痛の鍼治療・背中を反ると痛い

こんにちは。島田です。

あなたは、カンブレのように反る動きで腰が痛いことありませんか?
そこまでは平気でも、『背中が硬くて反れない(ー ー;)』ということもあると思います。

そんな時は、腰の鍼…ではなく、すねの外側にあるツボに鍼をします。

なんとなく腰痛の鍼治療っていうとイメージはこんな感じですよね。
IMG_4486.JPG
でも、バレエで腰が痛い場合って、疲労を除くと腰に問題あることは少ないです。ほぼ足の問題と言っても過言ではないくらい足の治療が多い。

背中が反れない時は、腰よりもスネの鍼治療がオススメですよ^ ^

バレエ特有の動きに対する専門治療(鍼灸・整体)をおこなっています。

専心良治

【住所】東京都港区三田5-6-8 ナカムラビル3階
【最寄駅】三田、白金高輪、田町、麻布十番
【受付】平日10時~19時(火曜は14時~)
      土・祝10時~17時
【定休日】日曜・第4木曜

↓詳しい内容はホームページで紹介しています↓

施術料金・内容

ご感想

アクセス

院長プロフィール

※URLが日本語のため、一部機種によってリンクからページに跳べないことがあります。その場合はお手数ですが一度トップページへどうぞ

【電話】03-3457-6682

📩メールでの受付も行っています(24時間受付)

受付時間内は2時間以内に返信いたします。(時間外は翌営業日)
もし返信が届かない場合は、恐れ入りますがお電話いただけると助かります。

※具体的な症状(4番プリエで股関節が痛い、グランプリエで膝が痛い、アラベスクで腰に痛みが出る…など)を教えていただけるとより効果的な施術ができます。

東京都内(港区、大田区、新宿区、品川区、江東区、江戸川区、世田谷区、豊島区など)、神奈川県(藤沢市、金沢、鷺沼、溝の口など)、埼玉県(さいたま市、浦和、越谷、春日部)などからご来院いただいています。