パッセ

バレエ パッセ 足が上がらない

パッセをやりやすくする連動イメージ【動画解説】

こんにちは。島田です。
 
パッセをしたときに、
・足が上がりづらい…
・股関節回しづらい…
・足の付け根が痛い…

って思ったことありませんか?

今回は、

『パッセでどこを意識すると、これらの問題が解決しやすいのか』
動画で解説しています。
ブログの動画版です。

…新しい試みなのでドキドキですが^^;(あんまり評判よくなければ辞めます)

 
PS.
今回の連動(つながって動く部分)は、
バレエ用の使い方(あばらを締める、骨盤を立てる、など)と
東洋医学の経筋(けいきん)を合わせたものです。

踊っていて自分とつながる部分や腹落ちしたところからトライしてみてください^^
難しければお手伝いしますから↓

パッセ 足高くできない 原因

パッセで足が高くキープできない3つの理由

こんにちは。島田です。

先日とあるダンサーさんを治療したときの話。
 
 
【パッセで足を高くキープできない】とのこと。
 
 
「股関節が使いづらくて…」というので、診てみると…原因は股関節ではなく別のところにあったんですね。
 
 
それは、手のひら
 
 
「ん?(・_・;」と思った方。

いきなり話が飛んでスミマセン^^;
これから詳しくお話します↓

 

パッセで足を高くキープできない3つの理由

 

『パッセで足を高くキープできない』という状態には原因が大きく3つあります。

それは、パッセしたときに

①足を上げにくい
②股関節回しにくい
③キープできない

ということです。
1つずつみていきましょう。
 
 
 
①足を上げにくい

パッセしたときに足が上げにくいのは脇が引きあがってないからです。
脇が引きあがった状態でないと、足を使って足を持ち上げることになるので、重くて上げにくいんですね。
 
 
このとき、脇に力を入れるのは NGです。
 
 
脇を引き上げるのに必要なのは、実は手のひらの使い方。
手のひらが使えてると、脇は自然と引き上がります。
バレエの手の形は飾りではなく股関節をサポートする上で必要なんです。

ちなみに、冒頭のダンサーさんの原因はコレ。
普段はPC作業をすることも多く、手を酷使してバレエの手の形が取りにくかったんですね。
手のひらが意識できないことで脇が使えず引きあがらないので、足を使って足を持ち上げていたのが上がらない原因でした。
 
 
②股関節を回しにくい

パッセしたときに股関節回しにくいのは足裏に力が入ってないからです。

足裏が使えてないと、坐骨に力が伝わらないので股関節を外旋(外回し)しづらいんですね。

治療では足裏のお灸も有効ですが、自分でなんとかするならタオルギャザーが定番かな…地味なんですが^^;
 
 
 
③キープできない

パッセをキープできないのは体幹がグラついてるからです。
これはタンデュとプリエをするときに、出っ尻になったり、体が斜めったりするのが原因。

バーレッスンのタンデュやプリエの戻し方を意識すると改善しやすいです。
 
 

 

あなたのケースはどれですか?

 

 
パッセで足を高くキープできないってけっこうよくあるケースではないかと思います。

あなたの場合はどの原因が心当たりありそうですか?
…って聞くと「全部!」って力強く答えられて「お、おう^^;」ってなることもありますが…。

それでも、1つずつ解決していけば、パッセ高くキープできるようになりますよ^^
ぜひチェックしてみてください。
 
 
 
パッセ 足 上がらない

バレエで足が上がらない意外な原因

こんにちは。島田です。
 
 
「パッセで足が落ちてくる…」
「パッセした時に足が高く上がらない…」
「そもそも足が高く上がらない…」
 
 
あなたは↑こんな悩みがありませんか?

この場合で最初にやるのが股関節のストレッチじゃないかと思います。でも、ストレッチしても上がるようにならないですよね?それで「股関節が硬いからかな」って思ったり…。

でも、あなたが普通に座ったり歩いたり階段上ったりできるなら、股関節の可動域はそれほど問題ありません。問題なのはむしろこの辺です↓
バレエ 足が上がらない

え?首〜背中?って思いますよね。実はこの辺がこってて使えないと、足が高く上がらないんです。

股関節を十分ストレッチすれば柔らかくはなります。でも、足を高く上げるには足りません。もう一つ大事なのがあります。それは体幹が安定してることです。
 

ボディ(体幹)→軸足→動足

 
バレエの問題を解決していくときは、↑この順で直していくと良くなります。
『パッセ』や『足を高く上げる』はどっちも動足の問題です。

なので軸足や体幹が弱いと、足を高く上げようとしても途中で止まります

特に、90度より上で足を上げようとするときは、首〜背中(肩甲骨の高さ)が使えてないと止まって上がりません。
 

首のストレッチ足りてますか?

 
首から肩甲骨までの背中は硬いと、足を高く上げることがやりづらいです。首を守るために動きをブロックしちゃうからです。

実際、足が上がらない人の大部分に共通するのが
・首こり、肩こり
・肩が下がらない(肩が上がる)
・肩が前にでる
という症状です。

足腰のストレッチをよくやっているけど上がらない場合は、首〜背中をストレッチすることでより上がるようになります。

もしあなたが足が上がらなくて悩んでるなら…、そして、いわゆるストレッチを散々やっているというなら…、首のストレッが足りなのかもしれません。