パッセ

パッセ 開かない 膝が外に

パッセで開かない…。膝が外に向かない理由とレッスンでできる対策

こんにちは。島田です。

バレエを踊っていて、
「パッセで足がなかなか開かない…」
「開こうとしても膝が外に向かない…」
「開いてもピルエットで回る時は閉じちゃう…」

って経験ありませんか?


これらに共通することがあります。それは、『いきなり膝を外に向けようとしている』こと。


バレエはそれ自体が優れた整体です。膝が外に向くのにも、理由があるんですね。それに気づくだけでも、パッセで無理やり開こうとして足の付け根を痛めたり、ピルエットで足が閉じるのを少しでも防ぐことができます。


もし、なかなかパッセで開かない(膝が外に向かない)なら、ぜひ参考にしてみてください。



パッセで開かない原因

パッセしたときに足が開かない(膝の向きが内側)になるのは大きく分けると2つの原因があります。

パッセで開かない原因①軸足から足が離れている
パッセで開かない原因②ターンアウト不足で股関節が内旋(ないせん・内側に回ること)して、つま先を軸足につけていられない



パッセで開かない原因①
軸足から足が離れている

パッセするときは「軸足を通って足を上げて」とアドバイスされたことがあるかもしれません。

これは、軸足を通るのと、通らないのでは使う筋肉が違うからです。


軸足を通る  :股関節を開く筋肉を使う
軸足を通らない:前ももの筋肉を使う



詳しくは、後でお話しますが、軸足を通らずに足を上げることで股関節が開けず、膝を外に向けられません。


パッセで開かない原因②
ターンアウト不足で股関節が内旋して、つま先を軸足につけていられない

もう1つは、軸足をきちんと通ろうとしているのに、途中で足がきつくて(土踏まず、アキレス腱、もも裏がつりそうになる)軸足から離れてしまうことです。


これは、足をつけてまま膝まで上げるまでにはターンアウトが足りないことが原因。途中で股関節が内旋(ないせん・内側に回ること)してしまい、膝が内側に向いてしまいます。


なぜ、このような原因で足が開かないのか?これには、パッセで足が上がるメカニズムが関係しています。


パッセで足が上がるメカニズム

パッセで足が上がっていくのは、股関節が回る(ターンアウトする)からです。 その鍵になるのは、足を上げる時にきちんと軸足を通ること。


そうすることで、足がターンアウトされて、股関節が外旋(がいせん・外に回る)できる分だけ、太ももは外に向いていきます。結果として、膝のお皿も外に向きます。


つまり、パッセしたときに股関節が回っていれば、膝は自然と外に向いて足を開くことができます

パッセで足が開くメカニズム

パッセを膝だけで開くとどうなる?

反対に、開こうとして膝だけ外に向けるとどうなるか? 結論から先にいうと、この2つの問題を起こしやすいです。


①足の付け根(前側)を痛めやすい
②ピルエットするときに足が内側に閉じる



①足の付け根を痛めやすい

足が軸足から離れやすくなって、膝を上に持ち上げるような動きになります。


そうすると、前ももにある膝を持ち上げる筋肉(大腿直筋・だいたいちょっきん)が使われます。結果、この筋肉が縮みすぎて、足の付け根の前側を痛めやすくなります。

パッセを膝だけ外向けようとすると

②ピルエットするときに足が内側に閉じる

さらに、膝を外に開こうとするので、股関節が回りません。それでも膝を外に向いて見せるために、腰を後ろにねじって骨盤を開くことで、形をそろえることに。


この状態だと、バランスもとりにくいし、ピルエットするときには足が閉じちゃいます^^;


なので、これらを防ぐためにも、パッセで開こうと思ったら『軸足をきちんと通って足を上げる』ほうがいいんですね。


パッセで開く(膝が外に向く)には?

では、パッセで開く(膝が外に向く)ためにはどうすればいいか? レッスン中、意識したいのは次の2つです。


①足を上げる時に、軸足を通るように気をつける。
②上げるときは、指できちんと軸足を擦りながらやる。



ピルエットするときなど、一瞬で足を上げない時もそれは同じです。軸足を擦りながら足を上げることで、ターンアウトがキープできるので、回ってるときもパッセの形が崩れません。


でも、いきなりつま先で軸足をきちんと擦りながら上げるのは、意外と難しいはずです。

なぜなら、その分、『ターンアウト』と『指で床を押す力』が必要だから。

「それは、レッスン中のどこでやっているの?」って思いますよね。
まず押さえたいのは、次の3つ。


【1】プリエ

・お尻の穴が下を向いたまま、上げ下げする
・立ち上がる時に、もも裏やひざ裏をストレッチ(お尻が持ち上がって骨盤が立つ)


【2】タンデュ

・足を伸ばすときは床をきちんと擦る
・伸ばした後もしっかり床を指で押す


【3】ロンデ・ジャンブ

・指で床をきちんと擦りながら回す


いきなりパッセで膝ばかり開こうとしても、骨盤を広げたり(腰を後ろにねじったり)前ももの付け根を痛める危険性があるので要注意。


まずはこの3つを、注意点込みでマスターすると、『ターンアウト』と『指で床を押す力』が強化されて、パッセのクオリティが上がります。


まとめ

今回の話をまとめると、

パッセで足が開く・上がるのは…
軸足を通って足を上げることで股関節が開くから。ターンアウトできた分だけ膝が外に向いて足も上がる。


パッセで足が開かない原因は…
①軸足から足が離れているから。
②ターンアウト不足で股関節が内旋して、つま先を軸足につけていられないから。


膝だけ外に向けようとすると…
①足の付け根(前側)を痛めやすい。
②ピルエットするときに足が内側に閉じる。


レッスンで意識したいのは…
足を上げる時に、つま先で軸足を擦りながら上げること。
そのための準備として、
・プリエで、お尻の穴が下向いたまま、まっすぐ上げ下げ。
・タンデュ、ロンデ・ジャンブで、床をきちんと擦る。

ぜひ、明日からのレッスンで活かしてもらえれば嬉しいです。


パッセ 体が回る

パッセすると体が内側に向くときの原因と意識したいポイント

こんにちは。島田です。

バレエでパッセをするとき、足を上げていくと股関節が閉じたり、体が内側に回ることありませんか?

この状態だと、ピルエットで体を回転させたいときにうまく回れません。これは、パッセする足を頑張って上げたり、足を上げた後に股関節を開こうとする人に多いです。どちらも、頑張るほどうまくいかないんですね^^;

そこで今回は、パッセしたときに、
・なぜ股関節が閉じるのか?
・なぜ体が内側に回ってしまうか?
その原因と、まず意識したいポイントについてお話します。



パッセで股関節が閉じる、体が内側に回る原因

原因は、大きく次の3つに分けられます。


原因①
軸足を通って足を上げていない


パッセしたときに、股関節が閉じるのも、体が内側に向いてしまうのも共通する原因があります。それは、『足を上げるときに軸足を通っていない』ということです。


バレエ教室では、よく「パッセをするときは軸足を通って!」というアドバイスをされることがあります。


理由は、軸足を通って足を上げることでターンアウトできるから。言い換えると、パッセで足が上がるのは股関節が回っているからです。(参照:パッセで開かない…。膝が外に向かない理由とレッスンでできる対策


軸足を通らずに足を上げていると、前ももの筋肉を使って足を上げることになります。すると、上げた足は体を支えずにぶら下がる形になるので、体勢が不安定なんですね。


そのままだとバランスがとれないので、足を閉じたり、体を内側に向けて、片足立ちをキープしようとします。



原因②
ターンアウト不足でつま先で軸足を擦ることができない

もう一つの共通原因は、軸足を通ろうとしているんだけど、『股関節が途中で内側に回って足が離れてしまう』ということです。


股関節が途中で内側に回る理由は、ターンアウトがキープできないから。


実は、つま先で軸足を擦りながら足を上げるには、その分ターンアウトをキープしないといけません。レッスンでパッセをする段階までにターンアウトが足りていないと、意識しても思うように足は上がらないはずです。


結果として、原因①と同じような状態になります。



原因③
4番や5番に入っていない

次に、体が内側に向く理由は、4番や5番ポジションにうまく入れていないからです。特に、上体がキープできていないことが原因です。

どういうことか?これには体の仕組みが関係しています。

4番や5番で軸を集めた背中がないと…

4番や5番ポジションをするときは、足をクロスしますよね。このとき、軸を集めて体の内側を使ってポジションをとれないと、骨盤が前にでたり、お尻が下がったり、大転子(だいてんし)がボコッとでたり、膝が曲がったりとあちこちゆがみます。


この理由は、アンドゥオールが足りない分、上半身でねじりが起きてるからです。4番や5番でターンアウトが足りていないと、骨盤に合わせたときに上体がねじれます。


ここから体勢だけ直そうとすると、つじつまを合わせるために、お尻を振ったり、体を反対側にねじったりすることになります。

5番 骨盤

背中がねじれたまま足を上げると体が内側に回る

このねじれが解消できないまま足を上げると、体は斜めに向きます。股関節が開きづらいので、腰やお尻を後ろに下げて膝を開こうとするからです。


斜めになった状態をまっすぐにしようとすると、後ろに下げた腰もまっすぐに戻すので、体を内側に向けることになるんですね。


これは股関節が硬いからではなく、体がねじれたまま足を上げてるからです。この状態で股関節を開こうとすると、倒れそうになって危ないので、バランスをとるための防御反応が起きます。股関節が内側に入って体が内側に回ってしまいます。

パッセ 股関節 開かない 対策

意識したいポイント

ポイント①
足を上げ下げするときは軸足を通る

まずは、足の上げ下げで、軸足をきちんと通ることを意識するだけでも違います。


つま先で軸足を通れるのが理想ですが、そのためには『ターンアウト』や『指で床を押す力』が足りないとできません。なので、先に強化した方が結果的にパッセも改善します。(参照:パッセで開かない…。膝が外に向かない理由とレッスンでできる対策


ポイント②
4番や5番のターンアウトを改善する

また、体が内側に向くときの対策としてお勧めなのが4・5番のターンアウトをしやすくすることです。特に背中のねじれを起こさないように内側の筋肉を使えると、その分、股関節が開きやすくなります。


と言っても、いきなり背中を意識して使うのは難しいですよね?そこで、どの辺を使えると股関節が回しやすいかヒントをお話します。


ポイントになるのは、肩甲骨より上の背骨です。

パッセ 体が回る

この部分は、4番や5番で股関節を開きやすくするためのポイントになる部分(テコの支点のようなもの)です。


このポイントが、グラグラしたりねじれたりしないことで、足に力が伝わりやすく股関節が開きやすくなります。


この辺りを押さえながらプリエで体を上下することで、体がねじれたり、膝が内側に向くのを防げます。この辺りを押さえてタンデュすることで、足を伸ばすときに足につられて骨盤が動くのを防げます。


まとめ

今回の話をまとめると、

パッセするときに、股関節が閉じたり、体が内側に回る原因は…
・足を上げるときに軸足を通っていない
・ターンアウト不足でつま先で軸足を擦ることができない
・4番や5番に入っていない(上体をキープできない)


意識したいポイントは…
・足を上げ下げするときは軸足を通って行う
軸足をきちんと通ることで、股関節が回って(ターンアウトして)足が上がる。ターンアウトしてるからパッセの足が崩れない。
・4番や5番のターンアウトを改善する
まずは、背中を押さえながらでいいので、プリエやタンデュをしたときに上体がブレないことを意識する。


是非、明日からのレッスンに活かしてもらえれば嬉しいです。

バレエ 整体
パッセ 足が上がらない

パッセで足が低くて上がらないときの原因と対策

こんにちは。島田です。

パッセで足を上げる時、
「足の付け根がつまって足が上がらない…」
「足を擦るように持ち上げられない…」
「パッセが低くて…」
と思うことがありませんか?

今回は、パッセで足が上がりづらい原因と対策についてお話します。

バレエ教室でパッセをする時に
「足が上がらない…」とか
「膝が下を向く…」とか、
パッセをした時にどうしてもグラグラしてしまい、バランスが取りづらい
という事はありませんか?
 

これらの原因でよくあるのは、足(膝)を持ち上げようとしているからというのが多いです。
 
パッセ 低い 原因
どういう事かというと…パッセで上げる側の足を上げようとしてしまうと膝を持ち上げる形になるので、その力の分が斜めにいってしまいます。
そうすると体が軸足に横から乗っかる感じになります。
横に乗ってしまうのでバランスがここで取れなくなってしまい、上半身がグラついて背中が丸まってしまいます。
そして前に倒れそうになるので、これ以上足を上げる事が出来ません。
 

では、どうすればいいか?

 

パッセで足を上げる時に膝を持ち上げるのでは無く、軸足を伸ばすようにすると足が上がるようになります。
パッセ 足を高く
これをもう少し詳しく見ていきます…この位置で軸足を伸ばしていくと、押した分だけ上に体が引き上がるので足を持ち上げるのと同時に体を少し引き上げる事が出来ます。
この上に引き上げる力を使って、足を上げる事が出来ます。
この状態で足を上げるとここから更に足を上げようと思っても上がります。

実際に足を持ち上げる時と軸足を伸ばした場合で、どのような違いがあるのかというのを見てみようと思います。
パッセ 足が上がらない 原因
【左:膝を持ち上げる】
左のように膝を持ち上げる感じにすると、こんな感じになります。
この状態だと膝を持ち上げるので体は少し斜めにスライドします。
こうなってしまうと軸足は、このように少したわんだ状態になります。
 

【右:軸足を伸ばす】
反対に、軸足を伸ばしながらやるとどうなるかというと…まず軸足を押して伸ばしていく事によって、つま先を擦りながら持ち上げる事が出来ます。
そうすると実際には少しなのですが…少し体が伸び上がります。
最初の位置よりは高い位置にいられるようになります。

軸も見てみると…このように歪んだ分というか、横にズレる分がかなり減ります。
軸足から真っ直ぐ体に乗せる事が出来るので、軸足から伸ばしながらパッセをするというのが足を上げる時のポイントになります。
 

バーレッスンでできる、軸足を伸ばす練習法

 

軸足を伸ばす時にオススメな方法がバレエのレッスンでいうとタンジュになります。
「タンジュは毎回のレッスンでやってるよ」と思うかもしれません。
でも、足を伸ばす運動としてタンジュをしてしまうと軸足に乗る練習としてタンジュが出来ません。
 

なので、軸足に乗るようにきちんと床を押しながらタンジュをしてあげる事によって軸を押しながら、つま先を伸ばす事が出来ます。
軸足に乗る時のチェックですが膝から下、スネだけで頑張って床を押さないようにして下さい。
一生懸命軸足を押してると思っていても、膝下だけで押してしまうと股関節には乗らないのでバランスが取りづらくなります。
伸ばしている足の方がメインのようなイメージがあるのですが、実は形は変わっていませんが両足とも足裏全体を使って伸ばしています。
 

なので、両足とも足裏全体を使うようにしながら(かかと→くるぶしの下→土踏まず→つま先と4段階で押していきます)、タンジュで軸足を伸ばしてあげると、より乗りやすくなります。
 

もしあなたがパッセで足が上がらない、もしくは引き上げられない状態なのであれば…まずは軸足を伸ばして足を上げるというのを試してみてはいかがでしょうか。

是非、明日からのレッスンに活かしてもらえれば嬉しいです。
ありがとうございました。

 

 

【この記事を読んだ方はこちらも読んでいます】
パッセ 股関節 開かない 対策
≫パッセで股関節が開かないなら…