ピルエット

ピルエットの悩みについて。

バレエのアンナバンはピルエット上達のカギ

こんにちは。島田です。

あなたがピルエット得意なら読み飛ばしてください。
でも、ちょっとでもうまく回りたいなと思うなら、今回のお話はヒントになるはずです。

ピルエットが回れないときに、【顔がつかない】、【首が回らない】といった部分は意識がいくんですが、手はノーマークな人が多いです。
でも、この手の位置ひとつ変えるだけでバランス取りやすくなってピルエットしやすくなるんですね。
 
 
ピルエットで回ってるときはアンナバン(アンナヴァン)にしていると思います。
このとき、アンナバンの位置が高いと回るときに勢いがつきすぎてダブルに入れません
逆に、位置が低いと回転不足で途中で降りちゃいます
 
 
「手の位置が重要なのはわかったけどどうすれば…^^;」って思いますよね?
アンナバンの手の位置を、自分でもチェックできる簡単な方法があります。
それは…
 

アンナバンの状態で、手を上下に動かす

 
普通に立ってる状態でいいので、アンナバンにして手を上下に動かしてみてください。

バレエ アンナバン
このとき、手が軽くなる位置が、あなたのアンナバンの位置です。
これは、腕が背中から使えてる状態です。
それ以外は、腕で手の位置を支えています。
つまり、腕が重りになって、首の根元にぶら下がってる状態です。

重心がズレるので、

・バランスがとりづらい
・肩が上がる
・顔がつかない

といった問題がでてきます。

 

あなたの手の位置はそこで良いですか?

 
ふだん、何気なくやってるアンナバン。
でも、間違ったところに手を伸ばすと、手が背中にぶら下がる感じになって、重心がズレます。
ピルエット回るどころかバランスがとれません。

自分の手が軽くなる位置を見つけて、そこに乗せてみる感じにすると今までより軽く回れることに気づきますよ^^

ピルエット 顔つかない

ピルエットで顔がつかないときの対処法

こんにちは。島田です。

 

あなたは、
「ピルエットで顔がつけられない…」
「顔を残すんだか、早く回すんだかわかんない(  ̄っ ̄)」
って、ぼやいた経験ありませんか?

顔をつけるのはピルエットがうまく回れる条件の1つです。でも、わかっちゃいるけど上手くいきませんよね?ほとんどの人に共通する原因はこれです。
 

顔をつけるタイミングがバラバラ

 
顔をつけられない人は、毎回違うタイミングで顔をつけてます。なので毎回違う回り方しないといけないからうまく回らないんですね。タイミングを決めておくと毎回安定して回れます。

おすすめのタイミングは両肩をみることです。
ピルエット 顔つける
右回りでピルエットするときは、

①左肩がみえるまで顔を残す
②左肩がみえた(アゴの下にきた)段階で右肩をみる

ようにすると顔がつけやすいです。でもここでもう1個問題があります。それは…
 

そもそも首が回らない

 
これです。首そのものが回ってない人が意外と多いです^^;。これは、背中の上の方(肩甲骨の高さ)が凝りすぎて背骨が使えてないことが原因です。ここが使えてないために首を支えられずに顔がグラグラするのでピッと回れないんですね。

背中や首を整える方法はご自身にあったもので結構です。ストレッチポール、ストレッチ、整体、マッサージ、鍼…など自分と相性の良い方法で整えてください。ただ、少なくとも普段の状態で両肩がみえるくらいには整えておかないと、首の回転不足でピルエット回りきれません。
 

ピルエットで顔をつけるなら両肩をみれるようにしましょう

 
ピルエットで顔をつけられないのは、多くのケースで、顔をつけるタイミングがバラバラなのが原因です。

肩がくるまで顔を残して、肩をみたら反対の肩をみるようにすると回りやすくなります。
例えば、右回りなら・・・
左肩が見えるまで顔を残して、そのタイミングでさっと右肩をみるようにすると上手くいきます。

「首が回らない・・・^^;」というあなた、肩甲骨の間あたりの背骨のコンディションが悪くて首を支えられてません。まずは首と背中を整えてピルエットしやすい首を手に入れましょう。

ピルエット 回れない

ピルエットが大回りになっちゃう人に共通するコリ

こんにちは。島田です。

あなたは、ピルエットやフェッテで大回りになっちゃうことありませんか?
ピルエットを綺麗に回るには、『体をまっすぐにする』、『床をしっかり押す』、『正しくルルベ』などチェックポイントがいくつかありますが、大回りは体がまっすぐにできてないとなりやすいです。

まっすぐにできない理由の1つは背中。ピルエットで体がブレる人には、共通するコリがあります。

 

ピルエットが苦手な人に共通するのはこの部分のコリ

 
ピルエット 背中
ちょうど、みぞおちの後ろの高さです。ココ、よく凝りません?

バレエの回転はこの辺からスタートします。この位置が凝ってて動きが悪いと軸が歪むのでその分大回りになります。

片足で立つ時に、『右は乗れるけど左は乗りづらい』、『左はまっすぐ乗れるけど、右は上半身左にしないと乗れない』なら背中のこの部分が使えてないサインです。きちんとケアしないと、軸がブレてきます。
ピルエット 軸

背中のコリをほぐす方法

 
普通この位置は手が届きません。届いても、押しづらいのでほぐすのは難しいです。

そこで、セルフケアで背中のコリをほぐすときは、

①ストレッチポールを使う
②みぞおちをほぐす

のがやりやすいと思います。

①ストレッチポールの使い方

(1)ストレッチポールを横に置きます。
(2)背中の凝っている部分をポールに乗せます。
(3)手を上に伸ばして、パッセをします。片足ずつ両方行います。
※パッセするときに、足の付け根が痛い人は、パッセをする足を支える物を膝のところに置いてください。

②みぞおちをほぐす(上級者向け)

ある程度慣れるとこっちの方が早いです。(1)みぞおちに手を当てる。(右手で触り、左手を右手に添える)
(2)みぞおちを少しだけ持ち上げる。(右手はみぞおちを触るだけで、添えた左手で持ち上げる)
(3)持ち上げたまま、時計回りにねじって7秒キープ。そのまま、反時計周りにねじって7秒キープ。

 

ピルエットで大回りになるなら、みぞおちの後ろをほぐしましょう

 
ピルエットで軸がブレて大回りになるなら、背中が凝っています。背中のコリをほぐすことで軸ブレ防止ができるので、回りやすくなりますよ。呼吸も楽になって一石二鳥です^^

ピルエット整体