ポールドブラ

バレエ 首 長い

バレエで長い首にする方法

こんにちは。島田です。

「首をもっと長く!」
「首が短くなってる!」

って注意されることありませんか?
長い首は、バレエを踊る上で欠かせない要素です。

「でも私はもともと首が短いし…」
「それって骨の問題じゃないの?」
というあなた。

これは9割が勘違いです

レントゲンで、首の骨(頚椎・けいつい)が短いという異常がみられるのは10%強。
それ以外の人は、頚椎に異常はありません。
つまり、9割近い人は首が短い原因が別にあるんです。

そのなかで多く見られるのは、肩甲骨の位置がおかしいこと。
 

首が短い≒肩甲骨が上がってる

 
首が短い本当の問題は肩(肩甲骨)が上がってることです。
肩甲骨の位置が高いと、顔と肩までの距離が短くなります。
それで首が短く見えるんですね。
これは、鏡の前で肩をすくめればすぐ再現できます。

肩甲骨の位置がおかしくなる原因には、

・緊張で肩がすくむ
・猫背で肩(肩甲骨)が前にくる
・座り姿勢が悪い
・側弯症

…などがあります。
これらの原因で、肩甲骨の位置が上や前にズレた結果、首が短く見えます。

逆に、肩甲骨の位置を正しく直せば、首は長くできる(見える)んですね。
 

バレエのレッスンで肩甲骨の位置を直すなら

 
これをバレエのレッスンでやるなら、ポールドブラの精度を高めるのが良いです。
まずは、ポールドブラをするとき、肩甲骨の位置(顔と肩の距離)にいつもより少し注意してください。
 
 
ポイントは、【頑張らないこと】です。
 
 
頑張ると緊張で肩がすくむので、肩が上がって首が短くなります。
「ふ〜ん。今は顔を肩はこれくらいの距離なんだな〜」と思いながらやるだけで十分です。

「距離を意識するだけなんて効果ないんじゃないの?」
という心配はいりません。

人間は【いったん目につきだしたことは直さないと気がすまない】性質があります。
なので、顔と肩の距離を意識し続けているうちに、気になって自然と修正するようになります。
結果として、首が長くなります(肩甲骨が下がって長く使えるようになります)。

今度のレッスンから、顔と肩の距離、気にしてみてください。
長い首へのスタートです^^

 

【この記事を読んだ方はこちらも読んでいます】
バレエ 肩を下げる

バレエ 腕 脇

手のアンディオール、してますか?

こんにちは。島田です。

あなたは、バレエを踊っていて、
「手が重くて肩が上がる」
「背中から手を使ってって…わからない^^;」
「脇をしょっちゅう注意される」
なんてことありませんか?

背中から手を使っている人は自然とやっている動きがあります。それは、手のアンディオール。ポールドブラのときはもちろん、片足で立つときの安定度も上がります。

 

手のアンディオールの方法と3つのメリット

 
手を『気をつけ』の位置に持ってきます。
この位置で手をアンディオールさせます。
きちんとできてると、次のつの状態がわかるはずです。
・肩が下がります
・背中が伸びて首が前に行きづらくなります
・肩甲骨の下側が内に寄ってきて重心が外から内にきます
 

さらに、アームスの動きも楽に

 
この状態をキープしたまま、アンバーやアンナバンにしてみてください。

手の伸び、重さ、安定度が違うはずです。

これは、背中がロックされたことで肩甲骨が使いやすくなってるんですね。それで、手を長くしても安定して置いておけます。

ポールドブラ バレエ 腕の動き
 

さらにさらに、甲出しやターンアウトも楽に

 
手をアンディオールさせてアンバーにしたまま、甲出ししてみると、甲が出やすくなります。
その手をアラスゴンドにもってきたままターンアウトしてみると、力強くやりやすくなります。

これは、手のアンディオールで背中のロックがされたことで骨盤が立てやすくなる(引き上げしやすくなる)のが理由です。以前からお話してる通り、背中のこの辺は股関節の開きに関係してるんですね。
バレエ スプリッツ
 

あなたの手は窮屈じゃありませんか?

 
ちなみに、腕を捻る動きじゃありません。それでも、やっているうちに手を長く使える感じがわかると思います。

バレエを踊っていてどうしてもアームスがきちんと使えない、腕が重くて肩が上がるなら、手のアンディオールができてるか確認してみてください。使いこなせばレベルが1段上がりますよ^^

ポールドブラ バレエ 腕の動き

ポールドブラで腕の動きがぎこちない…

こんにちは。島田です。

バレエの腕の動き(ポール・ド・ブラ)の練習をするときに、こんな注意受けることありませんか?

『白鳥の羽で腕が柔らかく使えてない…』
『左右に動きすぎ…』
『肩が上がる…』

そして、なんとか滑らかにしようと腕の練習をたくさんやっていたら、かえって『腕の動きが重くぎこちなく』なってきたり^^;

実はコレ、腕をなんとかしようとするのが問題なんです。バレエで滑らかに腕を動かしたいなら、まず注目するのは背中の使い方。
 

背中で腕を支える→腕が軽く滑らかに

 
腕に力が入ると滑らかに動きません。「そんなの当たり前じゃない!」と思いますよね?でも、腕の力、抜けませんよね?
それは、背中で腕を支えてないから。

手を動かすときに腕だけでやると、
・手が落ちないように支える役
・手を動かす役
を同時にやることになります。

バレエの腕の動きでやりたいのは『手を動かす役』なので、手が落ちないように支える役まで腕がやっていると力が抜けないんです。そこで、腕が落ちないように支える役を背中にやってもらいます。すると、腕は動かすことに集中できるので動きが滑らかになります。
ポールドブラ バレエ 腕の動き

あなたの背中は腕をきちんと支えてる?

 
腕が滑らかに動くためには背中が必要…といっても、自分が背中使えてるか自分でわからないと直しようがないですよね。

自分で確認するなら、仰向けで手を横に広げる(アラスゴンド)にするのがオススメです。

背中がきちんと腕を支えていれば、腕が横にグーっと伸びます。腕だけでやっていれば、腕の付け根が重くてとてもできません。

まずはそこで腕が横にグーっと伸ばせるところから修正してみてください。仰向けのアラスゴンドできっちり伸ばせるなら、実際に立って踊るときも背中使えるようになってますよ^^