甲出し

バレエの甲だしについて。

バレエ 甲出し 足がつる

甲出しで足がつる…

こんにちは。島田です。

「甲出しで足がつる」
「かかとが硬くて甲が出ない」
「ふくらはぎがしんどい」

あなたはバレエを踊っていてこんなケースに出くわしたことありませんか?

これは、甲出しで使う部分を間違えてることが原因です。上の3つのケースは、指を丸める癖がある、甲出しを指でやっている人にみられます。

「足裏使ってるつもりだけどな〜」
「足裏なのか指でやってるのかわからない…」
というあなた、安心してください。簡単にチェックできますよ^^
 

足裏使って甲出しできてるか、チェックするシンプルな方法

 
仰向けで行います(わかりやすいから)。

甲出しするときに、骨盤を押さえながらやる

以上

え?これだけ?そう、これだけです。

たったこれだけのことですが、甲出しするときに足裏使ってるのか、指でやってるのか、違いがはっきりわかります。

・足裏が使えてる場合
骨盤が動きます。骨盤を押さえて片足ずつやってみてください。甲出しした方の骨盤が動くのがわかるはずです。
さらに、骨盤をしっかり押さえると甲がもっと出るようになります。

・指でやっている場合
骨盤は動きません。足しか頑張ってないですから。動いてもふくらはぎまでです。
 

足をつけねから使ってみよう

 
甲出しするときに足がつるなら、足先〜ふくらはぎだけが余分に頑張っています。骨盤を押さえて足全体を使う感覚を覚えるとつることはなくなりますよ^^

バレエ 足首 固い

それ、本当に足首の問題?

こんにちは。島田です。

バレエを踊っていて足首の硬さが気になる人は多いと思います。でも実は足首の問題じゃないことが結構あるんです。ちょっとチェックしてみましょう。

次の3つのうち、あなたはいくつ当てはまりますか?

□タオルギャザーやバンドをしっかりやってるのに全然甲が出ない
□ポワントで立つとふくらはぎがつらい
□足首硬くてルルベが低い

どうでしょう?
3つ当てはまった人は相当足首の硬さで悩んでそうですよね?

では次の3つのうち当てはまるものはありますか?

□ソファや床に座る生活
□デスクワークで猫背が気になる
□足組んで座ってる

1つでも当てはまっていたら、あなたの足首の硬さは足の問題ではない可能性があります。本当の原因は…
 

引き上げ不足

 
引き上げができてないと、重心が前後(出っ尻なら前へ、タックインなら後ろへ)にずれます。すると、体が重くて足に余分な負担がかかります。

特にトゥシューズを履いて立つ場合は影響大です。引き上げで骨盤を立てないと足首もしっかり立ちません。

「足首が硬くてルルベが低い…」という方で、実は引き上げ不足が原因だった…なんてケースはけっこうあります。

そして、この引き上げがしづらい状況を作るのが、日常の座り方なんです。
 

なぜ、ソファや猫背で足首が硬くなるの?

 
骨盤が寝た状態になるのが大きな理由です。猫背で背中が伸びにくくもなるので、引き上げで骨盤を立てようとしても、出っ尻かタックインになりやすくなります。

さらに、骨盤が寝た状態だと困った防御反応が起こります。足がむくみやすくなって、ふくらはぎやアキレス腱がデフォルトで硬くなります。それで足首の可動範囲が狭くなっちゃうんですね(足首が硬い)。

ソファは、座るときにお尻が沈み込むようにできています。なので、座っているだけで骨盤が寝た状態になります。床に座るのも同じで、骨盤を寝かさずに座るのはしんどいんですね。

猫背は骨盤が寝た状態になります。というか、骨盤立たせた状態で猫背してみてください・・・・・しんどくないですか^^;というか無理ですよね?

さらに、足を組むには骨盤が寝ないとできません。足を組んでる段階で必然的に骨盤は寝ています。
 

変なハンデ背負って踊っていませんか?

 
タオルギャザーやバンドで足を一生懸命鍛えているのにどうしても足首が硬いなら、引き上げできてるか確認してみてください。ルルベで体が重いなら、その足首の硬さは引き上げ不足が原因かもしれません。

バレエ 足が高く上がらない

バレエで足が高く上がらないなら…

こんにちは。島田です。

あなたはこんな悩みがありませんか?
「バットマンで足が上がらない…」
「足の付け根が硬くて引っかかる…」

バレエで足を高く上げるには、足の上げ方を2段階で行う必要があります。
バレエ バットマン 足を上げる
①前ももで上げる(これは90度まで)
②骨盤を傾けて大腰筋で上げる(90度以上)

この②へのギアチェンジがなかなかできずに悩んでる人が多いと思います。その解決になる動きがあるんです。それが甲だし。
 

足を高く上げるなら甲だしが必要

 
甲だしは、ポアントで立つときに体重をまっすぐかけるために必要です。このとき、ふくらはぎでグッと立つんじゃなくて足の付け根から足を伸ばしてあげる(お腹から足を使う)と立ちやすいですよね。

きちんとした甲だしすると、骨盤の傾きも一緒に起こります。それが、ポワントで立つときは体重をまっすぐかけることにつながります。そして、足を上げるときは甲だしする段階でギアチェンジできるんですね。なので、バットマンで②がやりやすくなって、足が高く上がります。

バレエ バットマン 足を高く上げる
立ってやると分かりづらい場合は、仰向けでバットマンをしながら確認してみてください。甲だしをしてる方が足が軽くて上げやすいはずです。
 

指を丸めて甲だしするのは NG

 
甲だしするときは指を伸ばしてください…って耳タコくらい聞いてますよね?そう。丸めて使うと、指を使うため足裏が使えません。

ちなみに、「丸まってても立てればいいでしょ?」って言う方にはある共通点があります。
①ふくらはぎの痛み・ケガしやすい
②しょっちゅう足がつる
③足の付け根が硬い

詳しくは別の機会にお話ししますが、これらの原因は足の指の使いすぎによる足首の疲労です。指を丸めて使うと、足裏を使うことができません
 

足を高く上げるなら足裏を使った甲だしを

 
早く足が高く上がるようにしたいなら、バットマンの練習量を増やすより、まず足裏を使った甲だしを練習するとバットマンの精度が上がります。

足裏がもう使える人は、バーに足を乗っけてストレッチするときに甲だししてみてください。いつもより深くストレッチできるのがわかるはずです。

足裏でやる甲だしをマスターしたら、ポワントで立ちやすくなるだけじゃなく、股関節の可動範囲も上がりますよ^^