肋骨締める

バレエでウェストを細くする解剖学的な理由

こんにちは。島田です。

あなたは、バレエを踊っていて「ウェスト細くして!」というアドバイスを受けた経験ありませんか?

そして、腹筋にグッと力を入れて固めて「そっちじゃない」と言われたことありませんか^^;

今回は、バレエでなぜウェスト細い方がいいのかお話します。

 

バレエでウェストを細くする解剖学的な理由


 
ウェスト細くするを単語の通りにイメージすると、こんな感じで対策を取る方が多いようです。

・腹筋に力を入れて固める
・息を止める
・腰を反る
・「ウェスト細くないからしょうがないし」と思う

最後のは冗談ですが(笑)、上のどれかをやってみたことはあるかもしれませんね。

バレエで「ウェスト細くする」解剖学的な意味.003
 
 

ウェストを細くしようとするのは逆効果

 
 
このとき、ウェストだけを細く『しよう』とするのは効果です。
どうしても上にあるように不自然な形でやろうとしちゃいます。

では、ウェストは細くできないのか?
そんなことはありません。

なぜなら、ウェストは『結果として細くなる』からです。
 
 

バレエでウェストを細くする理由とメリット

 
 
ウェストは肋骨と骨盤のあいだの腰回りのこと。
つまり、肋骨や骨盤の状態で変わるんですね。

①ターンアウトしたり
②骨盤を立てたり
③肩を下げて肋骨を締めたり
④引き上げで腹圧を上げたり(内臓を持ち上げる)
…としていくことで、

結果的にウェストは、細くなっていきます。

要するに、バレエでウェスト細くなっている状態って、解剖的にみると、【股関節が使える+骨盤立ってる+肩が下がってる+あばらが閉じてる+引き上がってる】ことなんです。

バレエで「ウェスト細くする」解剖学的な意味.006

 
 

まとめ

 
 
さて、いかがだったでしょうか?

おそらく普段イメージしてるウェスト細くする方法とは違ったかもしれません。

なんとなく腹筋に力を入れること『ではない』ことに気づくだけでも、やることが近づくので、ウェスト細くしやすいと思います。

何より、踊ってて酸欠になる回数が減ります^^;

もし、あなたが『ウェスト細くしたいのに自分がイメージした通りにいかないな』と思ったら、先ほど出てきた部分(ターンアウト、骨盤立てる、あばら閉める、肩を下げる、引き上げ…など)をやりやすいところから修正していってみてください。

結果的に、ウェスト細くなりやすくなりますよ^^

 
 
 
 バレエ 整体 東京

あばらを締めて背中を広く使うイメージ

こんにちは。島田です。

先日クライアントとお話していたときに、
「あばらを締めるイメージと背中を広く使うのが別々になっちゃってうまくいかない…」
「あばらを閉じるイメージが、私が思ってるのと教室の先生が思ってるので違ってた…」
という意見を聞きました。

そこで色々聞いてみると、意外な落とし穴が…^^;

もしかしたら、あなたもそこで引っかかってるかもしれません。

そこで今回は、あばらを締めるイメージ(+背中を広く使う)についてお話します。
 
 

バレエであばらを締めるときのイメージ

あばらが閉じにくい理由の1つ

 
 
それは人によってイメージしてることが違っているということです。

日本語って便利なので、「あばらを締める」と一言でいっても、
『腹筋を固めて使う?』
『手で横から脇を押さえつける感じ?』
『肋骨をガバッと開いたり閉じたりすること?』
と、その人なりのイメージになりますよね?

なのでアドバイス通りにやったはずなのに、上手くいかないなんてこともあります。

そしてさらに…
あばらを締めるときのイメージ.008
「あばらは締めて背中は広く」と直されたりしたことありませんか?

たしかにその通りなんですが、上で述べたような状態でコレをやろうとすると、『顔や肩が前に』行ってしまいます。

あなたも、先生から脇を押さえられて直されたときに、「すんごい前重心になるな…」と思った経験ありませんか?

これは、あばらを締めるときのイメージが先生とズレてるときによく起きます。
 
 

あばらを締めるイメージ法

 
 
では、あばらを締めるときにどんなイメージをもつといいのか。

私が現場でお伝えしてて反応が良いイメージ法を1つシェアします。

あばらを締めるときのイメージ.014
これは、背骨と肋骨を上から見た図。
ここから
あばらを締めるときのイメージ.019

体のなかにネジがあって、ネジを締めるイメージをしてあげてください。
そうすると、背中側は外へ、前側(肋骨)は内へ力が加わります。

これを両側でやると…
あばらを締めるときのイメージ.021
このように両側から、『背中が外へあばらは内へ』の力が入ります。
なので…
あばらを締めるときのイメージ.025
背中は広く使えて、あばらは締まるように使えるんですね。
 
 

まとめ

 
 
あばらを締めるといっても、横からグッと押さえつけたり、お腹を固めたりする必要はありません。

もしあなたが、あばらが開きやすいなと思ったら、体の中のネジを両側から締めてあげてください。
シンプルですが、あばらが締まって背中を広く使えますよ^^

できてるか確かめるときは足を上げたり、伸ばしたりする動き(バットマンとかタンデュ)がオススメです。

 
 
 
 
 
スクリーンショット 2017-12-09 18.49.27

バレエ 肋骨 閉める

肋骨を締めるなら、まずはココ意識してみて

こんにちは。島田です。

バレエ踊っていて胸(肋骨)が開く…
「肋骨閉めて!」と注意される…

あなたはこんな経験ありませんか?

「そもそも肋骨が開くって何?」と思うかもしれません。コレ、実際に肋骨そのものが開いてるわけじゃありません。肋骨の位置が良くないので『開いて見える』ということです。肋骨は背骨の胸椎(きょうつい)にくっついてるので、背骨の使い方に問題があるとその影響を受けます。
 

肋骨が開く原因は…

 
よくみられる原因は

・重心が後ろにある
・腹筋と背筋のバランスが悪い

など。

でも↑これ言われてすぐ直せるくらいならここまで読んでませんよね?^^;

そこで、まずはココを意識して使ってみてください↓
 

肋骨締めるときに意識する筋肉

 
バレエ 肋骨締める 広背筋
広背筋(こうはいきん)

肩の前側(上腕骨)から背中にいく大きな筋肉です。
背中でつながるのは、
・肩甲骨の下くらいの高さから骨盤までの背骨
・下の肋骨(9〜12番)

肋骨につながってるので、広背筋を意識すると肋骨の下側を締めることができます。
 

バレエで広背筋を意識するには…

 
広背筋が意識できてるかどうかは、アンオーするとわかります。特に、ベッドなどにうつ伏せでアンオーすると一発です。使えてないと肩が重くてしょうがないですから^^;

ストイックな人は、うつ伏せアンオーで肩が軽くなるように背中を意識してみてください。ちょっと、私はしんどいと思う人はまず背中をストレッチポールでストレッチしてからチャレンジしてください(←バレエで役立つストレッチポールの使い方参照)。
 

まとめ 

・肋骨が開く原因には、重心が後ろにある、腹筋と背筋のバランスが悪い、引き上げの意味を誤解してタックインするか出っ尻になってるなどがある

・肋骨を締めるのにまず意識した方がいい筋肉は背中にある広背筋

・バレエで広背筋を意識するなら、うつ伏せのアンオーで肩が軽くなるように練習する

肋骨が締まると、ピルエットなどの回転系で安定度が増します。そのための第一歩としてまず背中意識してみてください^^
 
 
オプトインヘッドライン1