肩が下がらない(上がる)

バレエ 肩 上がる 下がらない

バレエで肩が下がらない3つの原因【動画】

こんにちは。島田です。

あなたはバレエ教室で肩が上がってるって言われた時に肩を下げようとして、こんな間違えしていませんか?

  • 肩を下げようとして腕や肩周りに力を入れる
  • お腹を固めようとしたり
  • 一生懸命肩を下げようとしてちょっと力を入れたりする

とか…。これら皆、肩が逆に上がってしまう原因になります。肩下げろって言われた時に、どうしても腕とか肩周りに力をしまうのは別にあなたに問題があるわけではないんですね。

これ、原因が3つあってその内の2つは誤解があるんです…。

PS.
肩の下げ方にはいくつかコツがあるので、今度紹介しますね^^

バレエで脇を上げて肩を下ろすなら…

バレエ 脇 肩下げ
ご覧のように、当院ではバーに傘がぶら下がっています。
「忘れ物ですか?」
ってよく言われますが違います^^;

この傘の謎については、読み進めていくうちにわかります。
ということで、

こんにちは。島田です。
 
 
バレエ教室では、バーレッスンでも、フロアでもよく聞く注意があります。
それは「もっと脇を使って!」「二の腕を張って!」です。
 
 
こう言われると、脇や腕をなんとかしようと思いますよね?
でも、ここで脇をなんとかしようとしても、肩に力が入って肩が上がるだけです。
ある部分を使うと、結果的に脇や肘、二の腕は使えるようになります。

実は、冒頭の傘がそのヒントになります。
使い方はシンプル。
 

傘を杖にして立ってみる

 
傘は斜め前に持つとよりいいです。
傘を杖にしながら、傘と両足の3点で立つようにします。
傘には寄りかからないようにしてください。

すると、傘を持ってる方の脇に力はいる感じがあります。
そう。
実はコレ、バーの正しい持ち方に近いんです。

バーでこの持ち方をすると、
脇が引きあがって、肩が下がります。
ついでに肘から二の腕もきちんと張ります。

この状態でプリエやルルベをやると、引きあがってる分、体が軽く使えるのがわかるはずです。

これ、どこを使っているかというと、手のかかとです。
 

手のかかとで押す → 脇が使える

 
手のかかとの連動
手のかかと、坐骨、足のかかとは連動しています
手のかかとを使って押すことで、床を押しやすくなります。
すると、骨盤が立って肩甲骨が安定するので脇が使えるようになります。
 
…まぁ、こんな難しい連動知らなくても大丈夫です^^;
傘を杖代わりにして立つようにするだけで脇は意識しやすくなります

この傘の持ち方に慣れたところで、バーで同じ持ち方をできるようにしていきます。

バーレッスンでこの持ち方ができるようになってきたら、あとはこれをエアーでもできるようにするだけです。
アームスのときも、同じように手のかかとを押すように(でも動かさないでね)すると、腕が張って脇に力が入ります。

アンバーにしても、
アンナバンにしても、
アラスゴンドに開いても、
アンオーに上げても、
手のかかとでエアーが押せるのが理想です。
 

脇を使いたいなら意識するのは手です

 
この使い方、先生クラスは自然とできてるので、できると思ってあまり伝えてくれません^^;

どうしても目に見える『脇』や『肩』、『肘』に注意されてるように感じますが、つきつめると全部コレです。

脇を引き上げて肩を下げたいなら、手のかかと使って押す習慣をつけてください^^
 
 
PS.

慣れてきたら、傘2本を斜め前に持ってプリエしてみると、家でもバーレッスンができて軸を鍛えることができますよ。(床を傷つけないようにタオルひいてくださいね^^;)
 
 
PPS.
ちなみに、デスクワークや仕事の後は肩甲骨が外にズレて肩が前になりがち。
この状態では股関節が開きません。

ここで無理するとケガしやすくて危ないので、こまめにリセットして溜めないようにしてください。

バレエ 肩下げる

こんな肩下げはダメ…

こんにちは。島田です。

先日、あるダンサーさんの治療をしたときの話。
「左足の付け根が痛い…(×_×;)」
とのこと。

バットマンをしてもらい、付け根の痛みがどう変わってるか確認しながらバレエ治療をしていきました。

足の治療をして足はOK。
でも、まだ痛みは残っていました。

※足が OKの根拠※
まったく同じ治療を反対側にしたら、「うわっ!軽っ!」って足が上がるんですが、痛い方の足は「こっちは痛い」って上げられないからです。

ということで、まだ治療をしていない上半身に痛みの原因があるんだろうと探してみると、右の肩関節がゆるゆる…。
そこで聞いてみると、
 
 
「(あんまり注意されてしんどかったので)肩下げするときに、肩が上がらないように腕を引き下げていた
 
 
とのこと。(^^;
これが足の付け根が痛い原因でした。

 

肩下げで腕を引き下げてはいけない2つの理由

 
パッと見、肩は上がってないように見えるからOKじゃないかと思いますよね?

でも、この方法で肩を下げてしまうと、マズイことが2つあります。
それは…
①腕の助けがないので引き上げできない
②股関節がゆるんで足の付け根を痛めやすい
 
 
①腕の助けがないので引き上げできない
アームスは体を引き上げたり、股関節を使いやすくするためのサポートです。
腕を引き下げてしまうと、その腕が使えなくなります。
本来、腕の助けを借りて引き上げる部分だったり、足を上げたりする部分を足の力でやらないといけません。
要するに、足の負担がすごく増えます
 
 
②股関節がゆるんで足の付け根を痛めやすい
以前お話した通り、肩と股関節は連動しています(股関節を開く簡単な方法)。
腕を引き下げて肩を下げようとすると、肩関節がゆるくなります。
そうすると、股関節もゆるんでしまいます。

こう言うと、『股関節ゆるむなら良いんじゃないの?』と思う人もいるかもしれませんね。
実は良くありません。

これは股関節を柔らかく使えるのとは違います。
柔らかく使うには、股関節が安定していないといけないんですね。
股関節がゆるんでしまうと、そもそも立つのが不安定になります。
グラつきやすい分、支えようと力が入るのでかえって硬くなっちゃうんです。
 

肩下げ≠肩関節を下げる

 
肩下げって言葉は誤解うみやすいです。
いわゆる肩関節を下げるんじゃなくて、肩甲骨を下げる感じなんです。

なので肩下げするときは、首の根元と背中を背骨に向かって下げるイメージでやると肩甲骨が下がります。
バレエ 肩下げる

間違っても腕を引き下げようとはしないでくださいね^^;ケガしちゃうから
 


PS.
ちなみに、この方の痛みはとれて発表会に間に合いました^^ヨカッた

PPS.
もうひとつ言うと、普段デスクワークで足の付け根が痛い人の7割は股関節ではなく肩が原因です。
猫背になると前肩になります。
前肩になると股関節が開かなくなります。
肩のせいで開かない股関節を無理して使って痛めてるケースがほとんど…^^;。