足裏をつくる

ポアント 足首 グラグラ

ポアントで立つと足首がぐらぐらする理由

こんにちは。島田です。

先日、あるダンサーさんの治療をしたときの話。

「バレエシューズで立つときはまだ良いんだけど、ポアントで立つと足首がグラグラする…。」

とのこと。

ご本人は足首が弱いんじゃないかって思っていたんですが、足首は十分強くてむしろ使いすぎなくらいでした。
そこで、5番でアンオーしたままストレッチしてもらって、ポアントで立つときにあることを注意してもらったところ、足首がぐらつかなくなりました。

ポアントでグラグラしたのは足首が弱いせいではありません。
原因は別にありました。
 

足首グラグラの原因は…

 
彼女のケースで足首がぐらぐらした原因は2つ。
 
 
1.背中の伸びが足りないこと(引き上げ不足)。
2.目線が下にいくクセがあること。
 
 
ポアントで立つときは、骨盤を立てることで足をまっすぐ伸ばして床を押す必要があります。
そのとき、背中を伸ばして引き上げないと仙骨が寝てしまって膝が伸びません。
膝から下で一生懸命に床を押すと、ふくらはぎが緊張します。
これだと疲労も溜まりやすいので、長く踊るとつらくなります。

2の目線については、以前、グラグラ防止法でお話しました(バレエのグラグラ防止法〜中級編〜)。
目線が下にいくことで重心が不安定になってグラグラするんですね。
バレエ 目線

ポアントで立つときは、背中を伸ばしながら引き上げることで床を押すようにして立つと安定しやすくなります。
足首を強くするのは、ここをクリアしてからの方が効果的です。
 

それでも足が気になるなら…

 
『足で立つな』と言われて背中伸ばして床を押して立てるなら、もうとっくにやってますよね?^^;
理屈はわかっても、慣れないうちはやっぱり足で立ってしまうものです。

そこで、裏技をひとつ。
この3カ所をグッグッと押してください。
これで立ちやすくなるはずです。
バレエ 足首 弱い
やってみると不思議な感じしますよね。
これは反射を使って、足裏を使いやすくしています。
足裏で立つときに使わないといけない部分を、意識させてるんですね。

人差し指の周りを押すのは、体重の抜ける位置を意識させるため。
かかとの前を押すのは足底腱膜(そくていけんまく)を意識させるためです。

どうしても足から立ってしまう場合のサポートに使ってください。
最終的に引き上げながら立てればいいんですから。
 
 

PS.
弱い部分が気になると、
「足首がもともと弱い…」
「骨格が…」
と思いがちですが、(実際そういう注意をされるところもあるようですが…)ほぼほぼ違います。
実は自分の体を活かしきれてないだけのことが多いです。
 
 
ポアント 足首

バレエ 足裏 タオルギャザー

タオルギャザーで足裏を使いやすくする秘訣

こんにちは。島田です。

バレエを踊っていて、甲を出すとき、ポワントで立つとき、足を上げたり伸ばしたりするとき、すべてに必要なことがあります。

それは足裏が使えてること。

足裏を鍛える運動としてよく使われるのがタオルギャザーです。

でも、タオルギャザーをしていて「本当に足裏使えてるのかな…」「指なのか足裏なのかわからない…」という悩みが多いです。あなたもそう感じたことありませんか?

そこで、今回はタオルギャザーで足裏を使いやすくする秘訣をお話します。それは…
 

手のひらでボールを持ってタオルギャザーする

 
前回、バーレッスンのコツでもお話しましたが、手のひらを使うと、連動で足裏が使いやすくなります。これを利用して足裏を使いやすくするんですね。

手のひらでつまむようにボールを持ちます。手のひらだけで持とうとすると指は自然と伸びます。というか、指伸ばさないと持てません。

こんな感じです。
バレエ 足裏

「スーパーボールがなぜパンダ?」っていうのは気にしないでください。家にあるのがこれしかなかっただけです^^;(ちなみに上野駅のパンダ専門店のガチャガチャで手に入れました)

指が曲がるのはNGです。手のひらをきちんと使っていれば、指は伸ばさないと使えません。指が曲がるということは、手のひらではなく指で掴んでるんですね。

試しに、上のOKとNGの両方の持ち方でタオルギャザーしてみてください。特にNGの方では、足の指しか使えないのがわかります。
 

ポワントで立ちたいなら足裏使えるのはマストです

 
ポワントで立つときにトゥシューズに磨いつくように履くと綺麗に立てます。足裏使ったタオルギャザーはそれをやりやすくするんですね。

あなたが、足裏鍛えたいけどなんかうまくいかない…と思うならこの連動を使ってみてください。続けた後の違いがはっきり出ますよ^^

 

P.S.

ちなみに、タオルギャザーで足裏が使えてるかどうかは、ルルベのしやすさでチェックできます。
タオルギャザーした方の足の方がふくらはぎが楽になってれば足裏きちんと使えてます。

バレエ 土踏まず 痛い

ルルベの途中で土踏まずが痛い原因

こんにちは。島田です。

先日、とあるダンサーさんを治療したときの話。

「ルルベで立ちきれば痛くないけど、途中が痛い。」とのこと。
痛いのは土踏まず(の後ろ)。土踏まずの後ろの骨は出っ張っていました。

これは、よくあるケースの1つです。もしかしたらあなたも経験あるかもしれませんね。
そこで、今回は『ルルベの途中で土踏まずが痛いときの原因と対策』を紹介します。
 

なぜ土踏まずが痛くなるの?

 
原因は、大きく3つあります。

原因1:外側体重
バレエ 外側体重 土踏まず
↑こんな感じになります。

ルルベアップしたときに、外側にかかる体重を無理に内側に乗せようとする。
体重が土踏まずの後ろの骨(舟状骨・しゅうじょうこつ)にかかる。
負担が大きくなりすぎて、痛みが出る。人によっては骨が出っ張ってきたり。

これが癖になってくると、次の問題がでてきます。
 
 
原因2:親指のねじれ

 
外側にかかった体重を無理やり内側にもってくる途中で親指をねじります。
この癖があると、だんだん親指が内側にねじれて外反母趾みたいになります。親指のねじれで引っ張るので土踏まずの骨がさらに出っ張ってきて、土踏まずがピンと張った感じになります。

ちなみに、外反母趾でも似た感じになるケースがあります。
この2つの原因には元凶があります。それが次の原因です。
 
 
原因3:引き上げ不足

 
足の付け根から床を押せてないのも土踏まずを痛める原因です。足だけで立つと、ルルベアップするときにどうしても土踏まずをギュッて使いますから^^;今回みたいに

引き上げができてないと

体重が外側に逃げるので外側体重(原因1)になって

内側に入れる癖を続けていると親指がねじれて(原因2)になって

土踏まずがピンと張る。足で立つときに普段体重をかけない部分に重みがかかる

負担が大きくなって土踏まずが痛い

という流れになります。
 

対策は?

 
これらの原因のうち、自分でアプローチできるのは『外側体重を直す』のと『引き上げ』です。足裏を鍛えるのも重要ですが、優先順位的には体幹が先です。

引き上げの感覚を身につける方法は以前こちらで紹介しました。

外側体重は引き上げをするだけでかなり減らせます(体重内側に入るからね)。これらを改善した後に足裏を鍛えると効果はさらに上がります。

なので、土踏まずの痛みは『引き上げ』→『足裏鍛える』の順で対策をすることでかなり減らせます。
あなたが、もしルルベで土踏まず痛いな〜と思うことがあるなら、足より先に引き上げから修正してみてください。
 
 
PS.
親指のねじれによる影響は整体などでアプローチできます。実際このケースでも、土踏まずの骨(舟状骨・しゅうじょうこつ)の出っ張りは親指のねじれを整えてあげたら引っ込みましたし。