軸について

軸について、鍼でアプローチできることを書いています。

ポアント 足首 グラグラ

ポアントで立つと足首がぐらぐらする理由

こんにちは。島田です。

先日、あるダンサーさんの治療をしたときの話。

「バレエシューズで立つときはまだ良いんだけど、ポアントで立つと足首がグラグラする…。」

とのこと。

ご本人は足首が弱いんじゃないかって思っていたんですが、足首は十分強くてむしろ使いすぎなくらいでした。
そこで、5番でアンオーしたままストレッチしてもらって、ポアントで立つときにあることを注意してもらったところ、足首がぐらつかなくなりました。

ポアントでグラグラしたのは足首が弱いせいではありません。
原因は別にありました。
 

足首グラグラの原因は…

 
彼女のケースで足首がぐらぐらした原因は2つ。
 
 
1.背中の伸びが足りないこと(引き上げ不足)。
2.目線が下にいくクセがあること。
 
 
ポアントで立つときは、骨盤を立てることで足をまっすぐ伸ばして床を押す必要があります。
そのとき、背中を伸ばして引き上げないと仙骨が寝てしまって膝が伸びません。
膝から下で一生懸命に床を押すと、ふくらはぎが緊張します。
これだと疲労も溜まりやすいので、長く踊るとつらくなります。

2の目線については、以前、グラグラ防止法でお話しました(バレエのグラグラ防止法〜中級編〜)。
目線が下にいくことで重心が不安定になってグラグラするんですね。
バレエ 目線

ポアントで立つときは、背中を伸ばしながら引き上げることで床を押すようにして立つと安定しやすくなります。
足首を強くするのは、ここをクリアしてからの方が効果的です。
 

それでも足が気になるなら…

 
『足で立つな』と言われて背中伸ばして床を押して立てるなら、もうとっくにやってますよね?^^;
理屈はわかっても、慣れないうちはやっぱり足で立ってしまうものです。

そこで、裏技をひとつ。
この3カ所をグッグッと押してください。
これで立ちやすくなるはずです。
バレエ 足首 弱い
やってみると不思議な感じしますよね。
これは反射を使って、足裏を使いやすくしています。
足裏で立つときに使わないといけない部分を、意識させてるんですね。

人差し指の周りを押すのは、体重の抜ける位置を意識させるため。
かかとの前を押すのは足底腱膜(そくていけんまく)を意識させるためです。

どうしても足から立ってしまう場合のサポートに使ってください。
最終的に引き上げながら立てればいいんですから。
 
 

PS.
弱い部分が気になると、
「足首がもともと弱い…」
「骨格が…」
と思いがちですが、(実際そういう注意をされるところもあるようですが…)ほぼほぼ違います。
実は自分の体を活かしきれてないだけのことが多いです。
 
 
ポアント 足首

バレエで脇を上げて肩を下ろすなら…

バレエ 脇 肩下げ
ご覧のように、当院ではバーに傘がぶら下がっています。
「忘れ物ですか?」
ってよく言われますが違います^^;

この傘の謎については、読み進めていくうちにわかります。
ということで、

こんにちは。島田です。
 
 
バレエ教室では、バーレッスンでも、フロアでもよく聞く注意があります。
それは「もっと脇を使って!」「二の腕を張って!」です。
 
 
こう言われると、脇や腕をなんとかしようと思いますよね?
でも、ここで脇をなんとかしようとしても、肩に力が入って肩が上がるだけです。
ある部分を使うと、結果的に脇や肘、二の腕は使えるようになります。

実は、冒頭の傘がそのヒントになります。
使い方はシンプル。
 

傘を杖にして立ってみる

 
傘は斜め前に持つとよりいいです。
傘を杖にしながら、傘と両足の3点で立つようにします。
傘には寄りかからないようにしてください。

すると、傘を持ってる方の脇に力はいる感じがあります。
そう。
実はコレ、バーの正しい持ち方に近いんです。

バーでこの持ち方をすると、
脇が引きあがって、肩が下がります。
ついでに肘から二の腕もきちんと張ります。

この状態でプリエやルルベをやると、引きあがってる分、体が軽く使えるのがわかるはずです。

これ、どこを使っているかというと、手のかかとです。
 

手のかかとで押す → 脇が使える

 
手のかかとの連動
手のかかと、坐骨、足のかかとは連動しています
手のかかとを使って押すことで、床を押しやすくなります。
すると、骨盤が立って肩甲骨が安定するので脇が使えるようになります。
 
…まぁ、こんな難しい連動知らなくても大丈夫です^^;
傘を杖代わりにして立つようにするだけで脇は意識しやすくなります

この傘の持ち方に慣れたところで、バーで同じ持ち方をできるようにしていきます。

バーレッスンでこの持ち方ができるようになってきたら、あとはこれをエアーでもできるようにするだけです。
アームスのときも、同じように手のかかとを押すように(でも動かさないでね)すると、腕が張って脇に力が入ります。

アンバーにしても、
アンナバンにしても、
アラスゴンドに開いても、
アンオーに上げても、
手のかかとでエアーが押せるのが理想です。
 

脇を使いたいなら意識するのは手です

 
この使い方、先生クラスは自然とできてるので、できると思ってあまり伝えてくれません^^;

どうしても目に見える『脇』や『肩』、『肘』に注意されてるように感じますが、つきつめると全部コレです。

脇を引き上げて肩を下げたいなら、手のかかと使って押す習慣をつけてください^^
 
 
PS.

慣れてきたら、傘2本を斜め前に持ってプリエしてみると、家でもバーレッスンができて軸を鍛えることができますよ。(床を傷つけないようにタオルひいてくださいね^^;)
 
 
PPS.
ちなみに、デスクワークや仕事の後は肩甲骨が外にズレて肩が前になりがち。
この状態では股関節が開きません。

ここで無理するとケガしやすくて危ないので、こまめにリセットして溜めないようにしてください。

バレエ バーレッスン

重心のタイプ別、バーレッスンの手の置き方

こんにちは。島田です。

バレエ教室でバーレッスンを受けているときに
「バーはつかんじゃダメ!」
「バーには手を添えるように」
って言われたことありませんか?

でも、体支えるためにつかんじゃう時ありますよね?
 

なぜ、バーをつかんじゃいけないんでしょうか?

 
以前、バーレッスンのコツでもお話した通り、バーレッスンでバーをつかむと

・前ももを鍛える(筋肉を使う)
・指を丸くするクセがつく

ようになります。
つまり、バーをつかむと

・硬い股関節
・つりやすい足、ふくらはぎ

を作ることになるんですね。
筋トレしたい人以外には、バーをつかむのはオススメできません。

では、どうやってバーを持つといいんでしょうか?

教室の先生によって
「指を添える感じで…」
「手のひらまで添えて…」
ってアドバイスが変わることがあります。

これは、先生の重心のタイプが違うから。
その先生が感覚的に重心取りやすい持ち方を教えてくれてるんですね。

じゃあ、自分の場合は?
簡単にチェックできるポイントがあります。
それは…
 

ヤ◯キー座りをできるかどうか

 
正確に言うと、ヤン◯ー座りをしたときに
 
 
【A】かかとをつけたままできるか
【B】つま先立ちになっちゃうか(かかと浮いちゃう)
 
 
をチェックします。
↑これはその人のもつ重心のタイプを簡単にチェックする方法です。
重心のタイプごとに、バランスをとる場所が違います。
 
 
【A】:かかとで重心をとるタイプ
この場合は、手のひらだけで持つ方がオススメです。
ポイントは指を曲げないこと。
手のひらだけでバーを持とうとすると、自然と指が曲がらない(伸びる)はずです。
 
 
【B】:つま先で重心をとるタイプ
この場合は、指先を添えるように手を置く方がオススメです。
 
 
ちょっとした違いにみえます。
でも、効果は大。
自分に合った持ち方できれば、
・余計な力を使わなくなるので硬さがとれます
・足裏を使いやすくなります
・軸が作りやすいのでレッスンの質が上がります
 

自分の重心に合わせた使い方をすると踊りの軸が作りやすい

バーレッスンは、踊るときの軸を作る作業です。
力を入れずに柔らかく踊る体にするなら、なるべく自分のタイプにあったバーの持ち方をする方がオススメですよ^^