首が前にいく

バレエ 首 長い

バレエで長い首にする方法

こんにちは。島田です。

「首をもっと長く!」
「首が短くなってる!」

って注意されることありませんか?
長い首は、バレエを踊る上で欠かせない要素です。

「でも私はもともと首が短いし…」
「それって骨の問題じゃないの?」
というあなた。

これは9割が勘違いです

レントゲンで、首の骨(頚椎・けいつい)が短いという異常がみられるのは10%強。
それ以外の人は、頚椎に異常はありません。
つまり、9割近い人は首が短い原因が別にあるんです。

そのなかで多く見られるのは、肩甲骨の位置がおかしいこと。
 

首が短い≒肩甲骨が上がってる

 
首が短い本当の問題は肩(肩甲骨)が上がってることです。
肩甲骨の位置が高いと、顔と肩までの距離が短くなります。
それで首が短く見えるんですね。
これは、鏡の前で肩をすくめればすぐ再現できます。

肩甲骨の位置がおかしくなる原因には、

・緊張で肩がすくむ
・猫背で肩(肩甲骨)が前にくる
・座り姿勢が悪い
・側弯症

…などがあります。
これらの原因で、肩甲骨の位置が上や前にズレた結果、首が短く見えます。

逆に、肩甲骨の位置を正しく直せば、首は長くできる(見える)んですね。
 

バレエのレッスンで肩甲骨の位置を直すなら

 
これをバレエのレッスンでやるなら、ポールドブラの精度を高めるのが良いです。
まずは、ポールドブラをするとき、肩甲骨の位置(顔と肩の距離)にいつもより少し注意してください。
 
 
ポイントは、【頑張らないこと】です。
 
 
頑張ると緊張で肩がすくむので、肩が上がって首が短くなります。
「ふ〜ん。今は顔を肩はこれくらいの距離なんだな〜」と思いながらやるだけで十分です。

「距離を意識するだけなんて効果ないんじゃないの?」
という心配はいりません。

人間は【いったん目につきだしたことは直さないと気がすまない】性質があります。
なので、顔と肩の距離を意識し続けているうちに、気になって自然と修正するようになります。
結果として、首が長くなります(肩甲骨が下がって長く使えるようになります)。

今度のレッスンから、顔と肩の距離、気にしてみてください。
長い首へのスタートです^^

バレエ バランス

バレエのグラグラ防止法(※中級者以上)

こんにちは。島田です。

あなたはバレエを踊っていてこんなケースになったことありませんか?
 
 
「ルルベでグラグラする…」
「ピルエットで回れない…」
「片足に乗れない…」
 
 
これらの原因はたくさんあります。

ターンアウトで床を押せてなかったり、
引き上げできてなかったり、
足裏使ってなかったり、
アームスの助けを借りてなかったり、

などなど、色々あるんです。なので、まずはこれらをできるようにしていく必要があります。…が、これらが全部OKでも、ココができてないとグラグラしちゃいます。それは…
 

目線の位置

 
初めは足元が不安でどうしても目が下にいっちゃいますよね?でも、目線が下に向いているとこんな感じに…
バレエ 目線

顔を下に向けなくても、目線を下に落とすだけで、後頭部と首のつなぎめが下に向きます。

頭が首に乗れてない(前にいく)状態で、顔の部分が重りになって、首より下はその逆のバランスをとるはめになり…

要するに、重心がズレます
 

対策は?

 
シンプルに目線を上げること…ですが、これだけだとどうも身につきにくいようです。そこで次の3ステップで改善していきます。

①普通にルルベする。
このときのバランスを基準にします。

②普通にルルベした後、目線を下に移す。
目線を下にした途端、足がグラグラしてくるのがわかるはずです。

③目線を高くしてルルベする。
②より全然安定して立てるのがわかるはずです。

この3ステップで一番重要なのは②の部分です。
人間『こうすると良いよ』ってことばかりでもクセって直りにくいです。まず自分の現状を知って、『目線を下にすると、グラグラするんだ』っていうことを確認してからの方が直しやすいんですね。
 

グラグラ対策に目線を上げて歩きませんか?

 
今回の目線の話は、バレエを踊ってるときだけに限りません。実は、踊っていて目線が下にいきやすい人は普段でも目線を落とす傾向があります。

あなたの目線が下になりやすいなら、普段歩くときから意識的に目線を上げてみてください。頭も軽くなって歩きやすくなりますよ。もちろん踊ってるときのバランスも取りやすくなります^^

首が前だとアキレス腱も硬くなる

こんにちは。島田です。
 
 
「アキレス腱がいくらケアしても硬いまま…」
「マッサージしてもふくらはぎが硬い…」
 
 
もしあなたが↑こんな悩みを持っているなら、ぜひココをチェックしてみてください。
 

首が前にあるとアキレス腱は硬いまま

 
実は、首が前にある状態だと、足首周りをケアしても硬さはとれません。こんなふうに…

バレエ 首が前 アキレス腱 硬い

猫背などで首が前にいくと重心も前にズレます。

前にズレたままだと前のめりになっていきます。

このままだと倒れちゃうので、足で踏ん張って倒れないようにします。このとき、ふくらはぎやアキレス腱が硬くなっています。

これだと、どんなにふくらはぎや足首のケアをしても硬さは取れません。原因は前にズレた重心(首が前にあること)だからです。

試しに、首を前にもってきてルルベしようとしてみてください。ふくらはぎ、めっちゃしんどいですよね^^;

「首、前にいってる」って注意されることがあるなら、まず首の位置から直してみてください。
 
 
P.S.
ちなみに、『下を見るクセ』がある人も同じ状態になります。目線を下にするだけで足が固まってルルベやバランスをとりづらくなります。