ブログ

バレエ 肩 上がる 下がらない

バレエで肩が下がらない3つの原因【動画】

こんにちは。島田です。

あなたはバレエ教室で肩が上がってるって言われた時に肩を下げようとして、こんな間違えしていませんか?

  • 肩を下げようとして腕や肩周りに力を入れる
  • お腹を固めようとしたり
  • 一生懸命肩を下げようとしてちょっと力を入れたりする

とか…。これら皆、肩が逆に上がってしまう原因になります。肩下げろって言われた時に、どうしても腕とか肩周りに力をしまうのは別にあなたに問題があるわけではないんですね。

これ、原因が3つあってその内の2つは誤解があるんです…。

PS.
肩の下げ方にはいくつかコツがあるので、今度紹介しますね^^

バレエで骨盤を立てたい人用・タンデュのコツ

こんにちは。島田です。

バレエ踊ってると、先生に
骨盤立てて!
ってよく言われません?

骨盤を押さえて腰を動かしてみたり…
背中や頭を前後に動かしてみたり…

いろいろ工夫するけど、結局どうすればいいかわからない(~_~;
なんて経験ありませんか?

実は、バーレッスンのある動きを、ちょっと意識するだけで、骨盤を立たせやすくできるんです。
 
 
それはタンデュ
 
 
タンデュなんて毎回やってますよね?
でも、あるコツをやってないだけで、いつまでも骨盤が立ちにくかったり膝が伸びなかったりするんです。
今回はそのちょっとしたコツをお話します。
 

骨盤を立てるタンデュのコツ

 
細かいこと言えばいくつかあるんですが、【骨盤を立てる】ということに関して言えば、ポイントは1つだけ。
 
 
出した足を戻すときに、息を吐いてしっかり足を伸ばしておく
 
 
これだけです。
「へ? (・_・ 」と思うかもしれませんが、この一手間で膝が伸びて骨盤が立ちます。

膝が伸びない人のタンデュでは、足を戻すときに膝をちょっと曲げてやっていることが多いです。
その方が寄せるの楽だしね^^;

でも、タンデュのキモって伸ばすときより戻すときなんです。
伸ばしたまま戻せると、骨盤が立って膝が伸びるんですね。
 

微差=大差

 
正直ほんのちょっとした違いです。というか超地味^^;
戻すときに足を伸ばしたままにするだけですから。
でも、バレエに関して言えば、このちょっとした違いが大きな差になります。

タンデュの戻すときの意識をちょっと直すだけで
骨盤が立ちやすくなって、
膝が伸びて、
体重がアキレス腱やふくらはぎに乗らなくなります

教室にいる他の人と差がつくのは、こんな地味な部分です。

さて、あなたにとって、この差は小さいでしょうか?
 
 
 
バレエ 骨盤

アンオーで肩を下げるときに意識するポイント

こんにちは。島田です。

あなたはバレエを踊っていてこんなケースありませんか?

アンオーしたときに肩が下がらない…
「アンオーで肩が上がる…」
「ルルベアップするときに、アンオーで腕の助けを使って引き上げようとしても、肩がつまってできない…」

結構あるあるなんですよ^^;
しかも、あるポイントがズレてるだけなので、そこを意識することで改善します。

こういうケースでチェックするポイントがあります。
それは…
 

腕をどこから使っていますか?

 
アンオーで肩が下がらないという人のほとんどはここから↓腕を使っています。

アンオー 肩下げ
「いやいや、腕はここからだし…」って思いますよね。
でもこれだと、上にあげていくときに、肩甲骨に腕の骨が引っかかって上げづらいです。
じゃあどこから使えば良いのか?

アンオーにするとき、腕はここから↓使います。

アンオー 肩を下げる
「え?腰?」って思いました?
それはこんな理由があるからです。
 

肩の筋肉の1つは腰につながってる

 
ここは肩の筋肉のうちの1つ、広背筋(こうはいきん)のスタートなんですね。
ずいぶん離れてるんですけど、腰からスタートして肩の前までつながります。
広背筋を使わずに腕を上げようとすると、腕の引き下げができずに腕の骨と肩甲骨との間にスペースがなくなります。

つまり、肩甲骨がジャマして腕が途中で引っかかるんです。
これが肩が下がらない原因です。
 

アンオーで肩を下げるときのポイント

 
ということで、腰のこの辺を意識しながらアンオーで腕を伸ばすと肩は下がります。

アンオー 肩を下げる
あなたが肩を下げるのが苦手なタイプなら、早速使ってみてください^^