バレエ 足の付け根 痛み

バレエ 足の付け根 痛い

バレエで足の付け根が痛いときのタイプ別・傾向と対策

こんにちは。島田です。

バレエを一生懸命踊っていて足の付け根が痛かったり、つまったりすることありませんか?

「パッセすると付け根がつまって…」
「アラベスクするとお尻がつまる…」
という経験があるかもしれません。

今回は、バレエを踊っていて足の付け根が痛いときによくみられるものを大きく3つのタイプに分けました。
それぞれの傾向と対策についてお話します。

今回はバレエで出やすい足の付け根や股関節の痛みのタイプ別、傾向とアプローチ法について解説をしていきます。

足の付け根で痛みが出やすいと言った時、大きく3つのタイプに分ける事が出来ます。

【タイプ1】足の付け根の前と外側が痛い

バレエ 足の付け根 痛い
まずはタイプ1は足の付け根の前と外側に痛みが出たり詰まりが出たりするタイプです。
パッセをした時に足の付け根の前側が突っ張ったり、バットマンをしようとした時に足の前側が引っかかって中々上がらないという事が多いと思います。
よく見られる傾向は4番ポジションが苦手という事です。
4番ポジションが苦手なのでピルエットで顔をつけるのが苦手だったり、4番ポジションの股関節を開く軸が背中の肩甲骨周りの高さにあるので、この辺の背中が硬かったりします…猫背の方に多いです。
4番が入らないので4番でプリエをする時、どうしても膝の外側だったり太ももの外側を張ってしまう事が多い為、太ももの外側が硬い人が多いです。
これがタイプ1の付け根の前側と外側が硬い人です。

【タイプ2】足の付け根の内側が痛い

バレエ 足の付け根 痛い
タイプ2は足の付け根の内側が痛いケースです。
パッセをしたり、足をアラスゴンドで上げていく時に内ももが引っかかったりとか、内転筋が痛いという事が多いと思います。
よく見られる傾向は5番ポジションが入りづらい事が多いです。
5番ポジションが入りづらくなる原因の一つとして親指が使えないというのがあります。
外反母趾で痛かったり、体重の掛け方でどうしても親指がきちんと踏めずに外側…小指に体重がかかってしまい段々親指が使えなくなり、付け根の内側が痛いという事が多いです。
また、5番ポジションが入りづらいので5番ポジションの股関節を開きやすい軸が背中の丁度一番上…首の付け根辺りにあるので、ここが上手く決まらずに首が前に出やすいというのもこのタイプの傾向にあります。
これがタイプ2の足の付け根の内側が痛いというものです。

【タイプ3】お尻〜腰の下が痛い

バレエ 足の付け根 痛い
タイプ3はお尻から腰の下までつまったり、痛くなるケースです。
これは後ろに足を上げる時に多いです。よく見られる傾向はアラベスクをする時に腰がつまる、というものです。
このタイプの場合は膝がなかなか伸ばしづらかったりとか…アラベスクで腰がつまる時は大体2番プリエで骨盤を持ち上げるのが出来ていないので、2番プリエが苦手という事が多いです。
また、反るのが苦手な人も多いです。
膝が伸びないので後ろのカンブレや反ったりするのが苦手なケースが多いです。
これがタイプ3のお尻から腰の下がつまるタイプです。
 

それぞれの対策は?

 
まずはタイプ1とタイプ2の対策です。
足の付け根の前側や外側、内側が痛い時というのは4番から5番のターンアウト、もしくは4番・5番のプリエをする事によって、その股関節が開きやすくなる分、付け根の痛みが取れてきます。
バレエ 足の付け根痛い 対策
後ろに上げた際にしんどい時というのは、膝が伸びていなかったりとか背中が反りにくいというのが多いので後ろのタンジュを改善する事によって膝を伸ばす事が出来て、反ったりする時に背中の柔軟性が増すので、これをやる事によって付け根の後ろ側を上げる時に痛みというのは取れてきます。

実際に動画で見て頂くとアームスと股関節の連動を使って4番と5番を改善していくパターンです…パッセでやっていっています。
付け根が痛い状態でも、このようにアームスと股関節を利用する事で体が動かせるようになっていくので、4番と5番のプリエをしても同じ様な感じで深く沈められれば沈められる程、ここの付け根の痛みというのは取れていきます。

また、膝を伸ばして背中の柔軟性を上げていく事で腰から足の付け根のつまりを改善する事が出来ます。
こちらはアラベスクの調整をしている時のものですが、実際にやっているのは後ろのタンジュに近いです。
後ろタンジュもこのように軸足の膝を伸ばしていく事によって背中を使って足を伸ばす事が出来ます。
背中の柔軟性も上げながら膝を伸ばしていく事が出来るので、足を持ち上げる感じでは無くなります。
そうすると足の付け根とか腰のつまりはかなり取れやすくなります。

もしあなたがバレエで踊る時に足の付け根が痛くて悩んでいる…先程の3つのタイプで問題があるというのであれば、このように足の付け根の前側・内側の場合は4番・5番のターンアウトの改善、プリエの改善をする事によって楽になりますし、後ろ側が引っかかる場合は後ろのタンジュを改善する事によって膝を伸ばして背中を反りやすくする事で腰の下からお尻までのつまりを取る事が出来ますので、まずはそこをトライしてみて下さい。

是非明日からのレッスンに活かしてもらえると嬉しいです。
ありがとうございました。  

バレエ 整体

足の付け根が痛いのを治す3ステップ

こんにちは。島田です。

先日治療したダンサーさんの話。
 
 
アラスゴンドで足を上げると足の付け根が痛い」とのこと。
 
 
実際、右と左で上げる足には差がありました。
左足は上がるのに、右足を上げようとすると、体がグネって上げられない感じ。足も右のが重そうでした。

そこで、ある動作をしてもらって、もう一度やってもらうと…1回前よりも上げやすくなったんですね。

何をしたか?
答えはシンプルです。
それは…
 

右手をアラスゴンドにしてプリエ

 
プリエは戻るとき息を吐きながら内ももをしめるようにやるのがポイントです。

これをやることによって、右足が安定して上げやすくなり、左足の軸は安定します。
そのおかげで痛みが減るんですね。

これはバレエで足を整える順番に従ったもの。
足の付け根を治すには次のように順番があります↓
 

足の付け根を治す3ステップ

 
①体幹を整える
②軸足を整える
③動足を整える

足の付け根が痛い理由は、大きくこの3つに分かれます。
痛いのは上げる足(動足)ですが、治す優先順位は最後です。

 
①体幹を整える
 
体幹が崩れたままだと…
体幹がまっすぐになっていない(出っ尻、タックイン)と、立っていて膝がねじれやすいです。
足を上げるときにもお尻を下げないと上がりません。
そこを無理に上げようとすることで足の付け根に負担がかかります。→痛い(~_~;
 
 
②軸足を整える
 
軸足がしっかり床を踏めてない状態だと、足は外に広がって上がりません。
それを無理やり動足が頑張って上げようとすることで、内転筋と骨盤の奥の筋肉(腸骨筋・ちょうこつきん)に負担がかかります。→痛い(~_~;
 
 
③動足を整える
 
体幹や軸足が整ってない状態で踊ってると、だいたい膝から下に疲れが溜まった状態になります。
重くなった足を上げることで、股関節周りにかかる負担がいつもより大きくなります。→痛い(~_~;

 

あなたの足の付け根は大丈夫ですか?

 
ケアしてるのに治らないなぁと思ってるなら、①②へのアプローチが足りてないのかも。
直前でその場しのぎしないといけないときはそれで良いですが、長くバレエを楽しみたいなら体幹から整えることをお勧めします。
 
 
 
バレエ 足を上げる

足の付け根が痛い ストレッチ

足の付け根が痛くてアラベスクしづらいときのストレッチ法

こんにちは。島田です。

バレエを踊っていて足の付け根が痛くなる人は多いです。

・アラベスクするときに足のつけねが引っかかって痛い…
・バットマンで足の付け根が痛くて上がらない…
・階段のぼるときもちょっと痛い…

原因は色々あります。練習のし過ぎだったり、動かし方が間違ってたり、シューズがあってなかったり、股関節がゆるかったり…。

本来はそっちを直さないとまた痛くなるんですが、明日、明後日本番ってときもありますよね。

そこで、今回はわりとすぐ痛みがとれる応急処置ストレッチ法を紹介します。
 

足の付け根を使いやすくするストレッチ

 
このストレッチは仰向けで行います。

①両膝を立てて、片足ずつ膝をお腹に近づける

左右のどちらか全然いかない方があると思います。ちなみに普段から猫背やタックインした座り方の場合は、両方ダメな人もいます。近づけられない方からスタートします。
 
 
②いかない方の足を抱え込む

膝を抱えて、痛みがでるかでないか位のところまでもっていきます。もう片方の足は伸ばしていてもOKです。
足の付け根 ストレッチ
 
③その状態で7秒キープ

7秒そのままにしていると、筋肉がゆるみます。
 
 
④何回か繰り返す

②、③を何回か繰り返します。1回目より2回目、2回目より3回目の方がお腹に近づけやすいはず。理想は、お腹にくっつく位まで②、③を繰り返してストレッチしたいです。
まっすぐ抱え込むのがOKになったら、おへそに向けて抱え込むやり方もやってください。アラベスクができない場合はこっちの方が効きます。
 
 
⑤反対の足も同じようにやる

バランスとるために反対側の足もやります。どちらもお腹に楽に近づけられればOKです。
 

このストレッチで足の付け根が楽になるとできること

 
・アラベスクやアチチュードで足の付け根が引っかからない
・足が上げやすい
・軸足が踏みやすい

などなど、嬉しい効果が期待できます。応急処置的な方法として覚えておくと安心ですよ^^
 
 
PS.
これは応急処置的なストレッチです。もし、これでまだ引っかかりがあるなら、背骨や膝、足裏の疲れなど、別の原因が残ってる可能性が高いです。一度診てもらってください。