バレエ 骨盤

バレエで骨盤のゆがみが気になるなら…

こんにちは。島田です。

あなたはバレエ教室で
「骨盤ゆがんでる!」
って言われたことありませんか?

骨盤がゆがんでると、
アラベスクなどで、足を支えられないので高く上げられません。

なので、今回は骨盤のゆがみについてお話します。

骨盤 ゆがむ 理由

なぜ骨盤がゆがむのか?

理由は
・足組んで座る
・猫背
・ソファでダラ〜っと座る
・姿勢が悪い
・斜めを見るような画面( TV、PC)の配置

などなど、日常の座り方、姿勢でゆがんでいくわけです。
これは…あなたならもうわかってますよね?

でも、

・足を組まない
・いい姿勢をする
・背中を丸めて座らない

と言われても、普段忙しいあなたにとってはなかなか難しいものです。
そんなことまで気を使わないといけないのかと…(~_~;

そこで、骨盤のゆがみをある程度正す方法を紹介します。
バレエのレッスンでやる練習の1つです。
 

バレエで骨盤のゆがみを正す方法

 
それは、タンデュ

そう。
あの足を伸ばす運動は骨盤を正す整体にもなるんです。

あ、でもただ足を伸ばしてもダメですよ^^;
体がねじれて足伸ばしても意味ないですから。
むしろ、体ねじって伸ばしても骨盤ゆがんでいきます。

大切なのは上半身がブレないこと

体幹がキープできる状態で足が伸ばせるようにするのが、タンデュで骨盤を正すポイントです。

バーを杖がわりにして、
アラスゴンドに開いた手の脇に意識をおいて、
両足が楽になった状態でタンデュします。

回数より質です。
3回しかやらなくてもちゃんと伸ばせれば、
膝は伸びますし、足は上げやすくなります。
 

骨盤のゆがみがとれると…

 
骨盤ゆがんで困るのは足を上げてキープする時なんですね。

なので、骨盤のゆがみがとれると、
・アラベスク
・アチチュード
・ディベロペ
・パッセ
・Y字バランス
……

などなど、いろいろな足上げ動作が楽になります。

骨盤のゆがみが気になるなら、

そして普段の生活で姿勢を直すのが苦手なら(笑)、
タンデュの質を意識してみてください。
 
 
PS.
ちなみに、私も毎日タンデュ・プリエ・アンオーはしてます。
バレエを整体として使って体調を整えてるんですよ^^
 
 
≪編集者のオススメ≫
バレエ 整体

バレエ 骨盤 歪み

バレエで気になる骨盤の歪みを修正するシンプルな方法

こんにちは。島田です。

あなたはバレエを踊っていて、こんな風に気になったことありませんか?
 
 
「鏡で見ると骨盤の高さが左右で違う…」
「右足(左足)だけ重い…」
「左右で足の長さが違うんじゃないか…」
 
 
これらは骨盤の歪みがあるときによくみられる症状です。
実際、骨盤の歪みがバレエを踊りづらくするケースは結構あります。
でも、別に骨がゆがんでるわけじゃありませんよ。
悪い姿勢のせいで、骨が筋肉に引っ張られて歪んでるんです。

なぜ、骨盤が歪むのか?
原因はいろいろありますが、最も多いケースは座ってる姿勢です。
 

座り方≒骨盤の状態

 
骨盤が歪んでるほとんどの人で、右のお尻と左のお尻のつき具合に差があります。
どっちか浮いてて、どっちかに体重が乗ってるんですね。
あなたはまっすぐ座ってるつもりかもしれません。
でも、実際は左右どちらかのお尻(坐骨)は浮いてます。

浮いてる側は
腰の筋肉が短くなる→肩(肩甲骨)が下がる→首から肩の筋肉が引っ張られる→首こり、肩こり、首の動きが悪い…などなど

といった流れに悪くなるので、コリを感じる段階で、左右差が結構出てるはずです。
バレエでいうなら、

右だけ(左だけ)アラベスクで腰がつまる
右だけ(左だけ)腕が伸びない
右に(左に)回りづらい

という症状がでてくるんですね。

この歪みは座ってるときに左右のお尻の高さに差があることで起こります。
つまり、座ってるときの状態を改善することで、歪みも改善していきます。
でも、普段の座り方を意思で直すのは相当しんどいですよね。
そこで、今回は今すぐできる簡単な対策を紹介します。それは…
 

ハンカチを片方の坐骨にいれておく

 
これだけです。
たったこれだけですが、治療後のアドバイスでこれを実践してもらうと、その即効性に驚かれます。

浮いてる坐骨にハンカチを挟むことで、歪みの連鎖(腰の筋肉が短くなる→肩(肩甲骨)が下がる→首から肩の筋肉が引っ張られる→首こり、肩こり、首の動きが悪い…)を無くしていくんですね。
特に、普段デスクワークしているなど、バレエ以外に長い時間座らないといけない人にはオススメです。

方法はこの2ステップ。

①いつも通り座って首を回す
このときに、スムーズに回せてれば問題ありません。
スムーズじゃない人は、どこで引っかかるかチェックして覚えておいてください。
 
 
②片方の坐骨の下にハンカチを差し込む
左右どちらかの坐骨(ざこつ)の下にハンカチを敷いて座ってください。
もう一度首を回してみましょう。
ハンカチを坐骨に敷く前より、首が回りやすくなってればOKです。
日によって右のお尻だったり、左だったりします。
よりスムーズに首が回る方が正解です。
 
 
骨盤の高さを揃えると、右だけ(左だけ)やりづらいっていう症状がなくなっていきます。
座ってハンカチを入れるだけのシンプルな方法です。
ぜひ試してみてください^^

バレエ 骨盤立てる

簡単に骨盤を立てる方法

こんにちは。島田です。

バレエを踊っていて、こんなフレーズ言われたことありませんか?
「もっと骨盤立てて!」
「骨盤寝てる!」

骨盤を立てて踊ることで、体が軽く使えたり、背中の可動域が広がったり、ルルベも安定したり…と、良いことたくさんあります。
でも、どうやって骨盤立てればいいのかわかりづらいこともありますよね^^;そこで、今回は簡単に骨盤を立てる方法をお伝えします。
 

簡単に骨盤を立てる方法

 
これは座って行います。
まず、顔をまっすぐ向いたまま動かないようにして、体を左右にねじってみてください。この時のねじりやすさが基準になります。

①坐骨(ざこつ)と仙骨(せんこつ)の先を確認します。
坐骨は、座っていてお尻がイスにつくところです。仙骨の先は、骨盤の真ん中の骨で下向きの三角形(▽)をイメージするといいです。

②坐骨と、仙骨の先で3点そろうように座り直します。
イメージで構いません。タックインしないようにしてください。背筋は自然と伸びた状態になるはずです。

③もう一度体をねじります。
顔をまっすぐ向いたまま動かないようにして、体を左右にねじってください。最初よりもねじりやすくなってればOK。骨盤立ってます。

④このまま立ち上がります。
これで骨盤が立った状態で立つことができます。
 

骨盤が立つもう1つのメリット

 
骨盤が立つと、自分がもっと上手くなるヒントがわかりやすくなります。
例えば、ルルベ。骨盤が立つことでルルベが安定します。ふくらはぎが楽になり、体が楽に引き上げやすくなります。

もし骨盤が立ってもルルベでグラグラするなら、背中が硬いか、ルルベじゃなくて指を使ってつま先立ちしてます。
骨盤立つ前は『なんとなくルルベ低くてふくらはぎがつらい』くらいしか見えなかったものが、『実は足裏使えてなかった』『背中の硬さとれば安定するんだ』とハッキリするので直しやすいんですね。

踊りやすくなって、自分がもっと上手くなるために必要なヒントまでもらえる。一石二鳥なので、ぜひ骨盤立ててレッスン受けてみてくださいね^^