プリエ かかと 股関節

プリエ 股関節 開く

プリエで股関節が開かない原因と対策

こんにちは。島田です。

あなたはプリエをするときに
・すぐにかかとが浮く…
・太ももが硬い…
・足首(アキレス腱)が硬い…
という悩みがありませんか?

そうなってしまう原因が2つあります。
今回は、プリエするときにありがちな間違いと、股関節が開きやすくなるプリエのコツをお話します。

プリエの出発点は足首じゃなくて股関節です

こんにちは。島田です。

あなたは、プリエでしゃがみこむとき、どの位置から始めますか?

『足首』と思ったあなた、もしかしたら、かかとを上げないとしゃがめないことありませんか?しゃがみ始めでかかと上がっちゃうことが多いのではないかと思います。

これはふくらはぎが硬いから…ではありません。実は、プリエの動き始めが違うんです。

プリエのスタートは股関節から

プリエは足首じゃなくて股関節からスタートします。その方が連動がうまくいくので、体重移動がしやすいんですね。

ドゥミ・プリエのときは、

股関節→太もも(大腿四頭筋)→足首

と動かすことで、膝下をやわらかく使いながらアキレス腱を伸ばせます。アキレス腱がピンとならないので、この時点でかかと上がることはありません。

グラン・プリエの時は、ここから【足首→土踏まず→指】と体重移動していきます。

ポイントはターンアウト

股関節から動き始めるにはターンアウトがきちんとできているとやりやすいです。

また、しゃがみこむ時に腰が落ちることがあると思いますが、これもターンアウトがしっかりできてれば防げます。キレイな姿勢にターンアウトは欠かせないんです(バレエで綺麗な立ち方を作る3つのS字とターンアウトの関係)。

足首だけで頑張らず股関節も活用してみて

プリエは基本動作なので、色々な動きに影響します。股関節から始めることで体重移動がしやすく、その後の動作にも移りやすいです。足首だけで頑張っているなら、股関節も意識してみては^ ^

PS
ターンアウトがそもそも苦手だと股関節使いづらいかもしれません。そんなあなたは一度使える感覚を知っておくのがオススメです。聞くより体験しちゃった方が早いですから…

バレエの動きを良くしたい方用の施術プログラム