プリエ しゃがみづらい

プリエ 股関節 開く

プリエで股関節が開かない原因と対策

こんにちは。島田です。

あなたはプリエをするときに
・すぐにかかとが浮く…
・太ももが硬い…
・足首(アキレス腱)が硬い…
という悩みがありませんか?

そうなってしまう原因が2つあります。
今回は、プリエするときにありがちな間違いと、股関節が開きやすくなるプリエのコツをお話します。

バレエでかかとが上がってしゃがめない3つの理由

あなたは、
「プリエが苦手…」
「アキレス腱が硬くてグランプリエきつい」
って思ったことありませんか?

もっとひどいと、
「かかとが上がってしゃがめない…」
なんてこともあるかもしれません。

かかとが上がってしゃがめないと、足首やアキレス腱が硬くていかないように思いますよね。残念!実はそれだけでもないんです。もしかしたら、足首には問題がないかもしれません。

プリエしたときに、かかとやアキレス腱がかたくてしゃがめないのは、大きく分けて3つの理由があります。
 

しゃがめないつの理由

バレエ 足首硬い
①背中がまっすぐ使えてない(出っ尻、タックインなど)

出っ尻やタックインなど、そもそも背中がまっすぐ使えてないケースです。この場合、重心がお尻で抜けるので体を支えられず足首と膝に負担が増えます。足首が危ないので、カマ足にするか、かかと上げるかして負担を逃がすようになります。

この場合、足首は問題ないので、いくら緩めてもしゃがむと硬くなります(防御反応だから)。

ポイントは、まっすぐお尻を下ろせているかです。左右にズレてたら出っ尻のサイン。ここを修正することで足首の負担が減るので硬さがとれます。
 
 
②ターンアウトができてない

実はこのケースが多いです。ターンアウトが十分できてないと、股関節が開かず足首に余計な負担がかかります。足首を守るためにふくらはぎが硬くなって深くしゃがめません。

ちなみに、バレエとは違いますけど、フラダンスでは腰を落としてしゃがむために6番ターンアウトが必要です。

フラダンスの場合、足首をけっこう深く曲げたままずっと踊ります。なので、足首が相当柔らかいか、6番ターンアウトがしっかりできてないとしゃがんだ位置をキープできません。無理すると足が腫れます。違う種類の踊りでもしゃがむときは股関節の開きが必要なんですね。

ポイントは、ターンアウトしたときに腕が軽くなるか。股関節と肩は連動しているので、股関節がきちんと開いていれば肩が使えて腕が軽くなります。腕の2番ポジションが楽に取れてればOKです。
 
 
③足首(アキレス腱)が硬い

上の2つをクリアしてようやく足首の問題です。ほとんどの場合、足首と足裏のケア不足が原因です。昔ねんざした…などの場合は多めのケアが必要になります。

足首のケアは足首を分割して回す方法がオススメです。
足裏のケアはこの4つをメインに行うと動かしやすくなります。

ポイントは、足首を回したときに引っかかりがとれるくらいまでケアできていること。筋肉の硬さや疲れが残ってる部分があると、どこかに引っかかりが出ます
 

まとめ

 
かかとが上がってしゃがめない理由は大きく3つ。
 
①背中がまっすぐ使えてない

②ターンアウトできてない

③足首が硬い
 
それぞれのポイントを押さえてみてください。特に①②はノーマークな人が多いので、ここ直すだけで足首を深く曲げやすくなりますよ^^