ポールドブラ 腕 重い

ポールドブラ バレエ 腕の動き

ポールドブラで腕の動きがぎこちない…

こんにちは。島田です。

バレエの腕の動き(ポール・ド・ブラ)の練習をするときに、こんな注意受けることありませんか?

『白鳥の羽で腕が柔らかく使えてない…』
『左右に動きすぎ…』
『肩が上がる…』

そして、なんとか滑らかにしようと腕の練習をたくさんやっていたら、かえって『腕の動きが重くぎこちなく』なってきたり^^;

実はコレ、腕をなんとかしようとするのが問題なんです。バレエで滑らかに腕を動かしたいなら、まず注目するのは背中の使い方。
 

背中で腕を支える→腕が軽く滑らかに

 
腕に力が入ると滑らかに動きません。「そんなの当たり前じゃない!」と思いますよね?でも、腕の力、抜けませんよね?
それは、背中で腕を支えてないから。

手を動かすときに腕だけでやると、
・手が落ちないように支える役
・手を動かす役
を同時にやることになります。

バレエの腕の動きでやりたいのは『手を動かす役』なので、手が落ちないように支える役まで腕がやっていると力が抜けないんです。そこで、腕が落ちないように支える役を背中にやってもらいます。すると、腕は動かすことに集中できるので動きが滑らかになります。
ポールドブラ バレエ 腕の動き

あなたの背中は腕をきちんと支えてる?

 
腕が滑らかに動くためには背中が必要…といっても、自分が背中使えてるか自分でわからないと直しようがないですよね。

自分で確認するなら、仰向けで手を横に広げる(アラスゴンド)にするのがオススメです。

背中がきちんと腕を支えていれば、腕が横にグーっと伸びます。腕だけでやっていれば、腕の付け根が重くてとてもできません。

まずはそこで腕が横にグーっと伸ばせるところから修正してみてください。仰向けのアラスゴンドできっちり伸ばせるなら、実際に立って踊るときも背中使えるようになってますよ^^