片足プリエ 膝 痛い

プリエ 股関節 開く

プリエで股関節が開かない原因と対策

こんにちは。島田です。

あなたはプリエをするときに
・すぐにかかとが浮く…
・太ももが硬い…
・足首(アキレス腱)が硬い…
という悩みがありませんか?

そうなってしまう原因が2つあります。
今回は、プリエするときにありがちな間違いと、股関節が開きやすくなるプリエのコツをお話します。

プリエで股関節が開かない原因(1)
股関節を開く順番が違う

プリエで股関節が開かない原因(2)
床を十分に押せてない

 

動画の内容を一言でまとめると…

プリエで股関節が開かない原因は大きく3つ

①股関節を開く順番が違う
②膝からスタートしてスクワットになっている
③床を踏んでいない

そしてその対策は…

先に外転(足を横に開く運動)を入れてみて
床を5段階に分けて踏んでいくことです。

是非、明日からのレッスンに活かしてもらえれば嬉しいです。
ありがとうございました。

片足プリエ 膝 痛い

片足プリエで膝が痛いときの3つのチェックポイント

こんにちは。島田です。

先日、舞台本番前のダンサーさんで「片足でプリエするときに右はいけるけど、左は膝が不安。両足のプリエは平気」ということで調整しました。原因は腰と股関節の張りだったので、そこを整えることでしっかりプリエできるようになりました。でも、ご本人的には驚きだったようです。

「膝が痛いから、ずっと膝に問題があると思った」とのこと。

もしかしたら、あなたもそういう経験あるかもしれませんね。実は、片足プリエで膝が痛いときに膝だけの問題であることはそんなにありません^^;むしろ膝以外が原因のことの方が多いです。そこで今日はプリエの治療で使うチェックポイントを3つに分けて紹介します。
 

片足プリエで膝が痛いときの3つのチェックポイント

プリエ 膝 痛い
(1)腰〜股関節のつながり

プリエでしゃがみづらいときにまずチェックするのはココです。しゃがむときに変な使い方して膝に負担をかけるので、それが積み重なって膝を痛めるケースが多いです。パッセで足が上がりにくいなど、股関節持ち上げる動きがやりにくいはず。
ちなみに、ここに問題がある人は、足を高く上げる(バットマン、ディベロペ、アラベスクなど)のが苦手です。

(2)膝そのもの

もちろん膝自体に問題があってプリエできないこともあります。その場合、プリエだけで痛いってことないです。膝の腫れや、階段の上り下りなど、日常の動きで痛みがあるはずです。膝の問題は2種類あります。
 
・関節、半月板
関節に問題がある場合、痛みだけでなく、踊ると腫れます。関節内で炎症が起こるからです。
 
・膝の靭帯の問題
膝には内側と外側に靭帯があります。バレエダンサーの場合、外側の靭帯が痛くなるケースはほぼありません。痛くなるのは内側がほとんどです。ターンアウトで膝をねじったり、5番を無理に入れてるとなりやすいです。

(3)足首が硬い

膝に問題あるのでノーマークになりがちですが、足首の硬さもプリエしづらい原因になります。足首が硬いには2種類あります。
・甲だしがしづらい
・フレックスが苦手このうち、プリエで問題になるのは『フレックスが苦手な方』です。フレックスが苦手だと膝を深く曲げられないので、膝の負担が強くなります。ドゥミプリエは平気だけど、グランプリエが痛い場合は足首を診ます。

 

まとめ

 
片足プリエで膝が曲がりづらいときは、この3つをチェックしてみてください。
(1)股関節〜腰のつながり(パッセの足が持ち上がりにくい)
(2)膝そのもの
(3)足首の硬さ(フレックスしづらい)

バレエは日常の使い方とは違うので、ちょっと歯車が狂っただけで負担がきます。痛みがでてるということは、バレエテクニックでどこか使えてないサインです。痛くないけど使いづらいところがあるはずなので、まずはそこから修正してみると痛みを減らせますよ^^

膝の痛みを減らして踊りたい