開脚 開かない

バレエ 開脚 ストレッチ 開かない

開脚でストレッチするときに気をつけたい3つのポイント

こんにちは。島田です。

バレエ教室で、レッスン前にストレッチをすると思います。

そのとき、
開脚で足が全然開かない…
なんてことありませんか?

実は、硬い部分をかばって『そもそも股関節のストレッチができてない』ケースがあるんですね。

そこで、今回は開脚でストレッチするときに気をつけたいポイントを3つ紹介します。

バレエ 開脚 開かない

開脚で開かない?なら柔軟の前にコレやってください

こんにちは。島田です。

大人からバレエを始めた方に多い悩みで、「開脚で足が開かない…(×_×;」というのがあります。
 
 
「ストレッチ毎日してるけど全然開かない…」
「股関節が硬くて…」
 
 
あなたもこんな経験ありますか?

ストレッチしても開かない。
たしかに、その通りです。
この場合、ストレッチで股関節周りの柔軟性だけ上げてもそれ以上は開きません。

なぜ開かないのか?
股関節が硬いから…じゃありません。
原因は、ある部分を使ってないからです。
 

開脚できない ← 内転筋を使ってない

 

結論からいうと、
【内転筋使えてないと、ストレッチで伸ばしたときに、筋肉が危ないと思ってロックかけちゃう】
のが、ストレッチしても開脚できない理由です。

内転筋を守るために、あまり広げないよう筋肉で止めてるんですね。
開こうと頑張るほど、なぜか閉じていくという怪現象にあった人も少なくないのでは。

この筋肉のロックには仕組みがあります。
でも、ちょっと難しいので「わからん^^;」と思ったら読み飛ばしてくださいね。

——–
筋肉には、『どのくらい伸ばされてるか』を測るセンサーがあります。
これは、筋肉がどこまでも伸びて切れてしまうのを防ぐためです。
『伸びすぎで危ない』と判断したら強制的に筋肉を縮めて、ケガするのを防ぎます。

このセンサーは、筋肉を使えば、伸ばせる範囲が増えます。
使わないと、短い範囲でしか伸ばせません。
内転筋でみると…

内転筋を使ってない(使えてない)と、センサーが測る筋肉の長さは短いままです。
内ももを伸ばしたときにセンサーは『筋肉が伸ばされて危ない』と思って、筋肉を縮める命令を出します。

———

これが、開脚で開こうとしても(内ももに力が入って)開かない理由です。
逆にいうと、内転筋きちんと使ってあげれば、開脚できるようになります
その対策がコレ↓。
 

1番プリエしてから開脚する

 
プリエをきちんとやると、開脚で開ける範囲が増えます。

「プリエなんていつもバーレッスンでやってるよ」
と思ったあなた。
おそらく、それはプリエではなくスクワットになっています^^;
 
 
開脚をしやすくする1番プリエのポイントはつ。

①まっすぐ下ろす
②戻る(立つ)ときに内ももを使う

詳しくみていきましょう。
 
 
①まっすぐ下ろす
まず、出っ尻やタックインなど、プリエでまっすぐ下りれてないと太ももの筋トレになってしまいます。
前ももが張って硬くなるのはNGです。

とにかくまっすぐ、
前ももが張らない(硬くならない)ように
下ろしてください。

これ、
内転筋使えてないと、はじめのうちは恐ろしく浅いところまでしか下ろせません。
それでいいです。
②と合わせて回数をやっていくうちに深くできますから。
 
 
②戻るときは内ももを使う
プリエで下りたところから戻るときは内ももを使います。
立ち上がるんじゃありません。
内ももを閉じるようにしてください(←ここで内転筋使います)。
そうすれば内転筋を使って立てます。
 
 
この2つを、3回〜5回繰り返します。
だんだん深くいれられるようになります。
【ここで深くできた分だけ開脚でも開く分が増える】ようになります。
 

開脚の前にはプリエを

 
プリエをしたあとに開脚すると、する前よりも開いてるのがわかります。
本当はプリエ→開脚がいいんですが、教室ではストレッチのが先のところが多いですよね。
家でストレッチする前にやるのがオススメです。

バーがないので、
・壁に背中をつけてやる
・壁に手を当てながらやる
のがいいです。

内転筋使えてないときは思ったより深くできません。
いきなり深くしようとすると危ないので無理はしないでください
徐々に深くしていきましょう。
 
 
PS.
ちなみに、猫背だったり、背中が硬いと開脚したときに前に倒せません。
姿勢のケアもお忘れなく…。