作成者: 島田智史

東京港区三田にある鍼灸院「専心良治」院長。 現在、年間2,600人以上に対して施術を行ってる(2016年は2,604人)。整形外科で3年勤務後、治療院開院。 開院後に施術した人数はのべ15,312人(2010年〜2016年)。 バレエに有効な体の使い方、調整に定評がある。 訪れるクライアントは、地域のみならず海外に及ぶ。 コメント: 犬とコーヒー好きのB型です。 【体を良くするためのボディメイクアーティスト】 中医学鍼灸、整体、ジャイロトニック、アレクサンダーテクニークなど、色々な視点からアプローチしています。

バレエで骨盤を立てる理由。メリットと立てる位置

こんにちは。島田です。

バレエ教室で「骨盤立てて!」と注意されたことありませんか?

これは形がキレイだから…ということもあるんですが、骨盤を立てることで踊る上でのメリットがあるからなんです。

今回は骨盤を立てる理由と、骨盤立てるときのイメージについてお話します。
 

骨盤を立てる理由

バレエで骨盤を立てるメリット

踊りのなかで骨盤が立つメリットはたくさんあります。
バレエでいうと、

骨盤が立つことで、
・ターンアウトしやすい(股関節が使いやすい)
・体幹が支えやすい(背中引き上げやすい)
・膝が伸びる
・つま先伸びる(ポアントで立ちやすい)

というメリットがあるんです。
色々な部分とつながってるんですね。
なぜ骨盤が立たないといけないのか?.006

なので、バレエ教室の先生は「骨盤立てて!」ってアドバイスしてくれるんです。逆に、骨盤が立たないと…

骨盤が立たないデメリット

骨盤が立たないと、体が安定して立てないので
・股関節が硬い(可動域が狭くなる)
・体幹が支えられない(背中硬い)
・膝が曲がる
・足首かたい

ということにつながります。
なぜ骨盤が立たないといけないのか?.017

もしかしたら、あなたが普段感じている「背中が硬い」「股関節が硬い」「膝が伸びない」「足首硬い」も、骨盤が立っていなかったり、ズレていたりするせいかもしれないんです。

さて、ここまで読んだあなたは「骨盤を立てる重要性は知ってるけど、骨盤を立てようと思って一生懸命やってもなかなかできない…」と思うかもしれません^^;

それは、骨盤を立てる位置がズレてるからかも。
 
 

骨盤立てる位置は


一言で『骨盤を立てる』といっても、いったいどこを立てればいいのかわかりづらくありません?

立てようとしたら腰が反って出っ尻になったり…
まっすぐにしようとしたらタックインしてしまったり…

こんな問題が起きるのは、骨盤『全部』を立てようとしているからです。

骨盤って、1つの骨じゃなくて…
 

骨盤は5つのパーツでできている

バレエで骨盤を立てるってどこのこと?.006

このイラストにある通り、腸骨(ちょうこつ)、坐骨(ざこつ)、恥骨(ちこつ)、仙骨(せんこつ)、尾骨(びこつ)と5つのパーツが組み合わさってできています。
股関節は腸骨、坐骨、恥骨が合わさる部分にはまります。

骨盤立てようとして、タックインや出っ尻になってしまうのは、これら全部をまとめて動かそうとしているからです。

ではどこを立てれば良いかというと…
 

立てるのは仙骨

バレエで骨盤を立てるってどこのこと?.010

この仙骨という、骨盤の後ろ側についた部分です。
ここから背骨につながるので、ここの角度で背骨の強さ・しなやかさが変わります。

仙骨が立つイメージ、この方向から見るとわかりづらいので横から見ると…
 

どんな状態が立ってるってこと

バレエで骨盤を立てるってどこのこと?.016

このイラストのようになります。
普通は少し前側に傾いていますが、これを右側のように立たせていくことで体を薄くしたまま体幹を支えやすくできるんですね。(ちなみに、この絵はイメージです^^;実際ここまでは動きません。)
 

骨盤立てる時のイメージ

 
骨盤全部を立てようとすると、どうしてもお尻が動いちゃいます。
なので、骨盤をパーツに分けて、
骨盤の上(腸骨)はタックイン、
骨盤の下は出っ尻、
というイメージで骨盤を立ててみてください。

そうすると、間に挟まれた仙骨にアプローチしやすくなります。骨盤全部を立てようとするより効果的です。

仙骨の角度が変わるので、体を薄くしたまま体幹を支えやすくなります。

バレエで骨盤を立てるってどこのこと?.025

まとめ

 
バレエ教室で「骨盤を立てて」というのは、形だけじゃありません。踊りやすくするために色々な部分に影響するからなんです。

そして、骨盤を立てようとしてなかなか立たない、出っ尻やタックインになるというのは、骨盤全部を立てようとして、動いてほしくない部分も動いてしまうから。

まずは、骨盤をパーツに分けて
・上はタックイン
・下は出っ尻
というふうにイメージしてやってみると立てやすいですよ^^

いきなりフロアで意識するのは難しいので、バーレッスンでプリエをするときやタンデュをするときに、試してみてください。

 
 
 
スクリーンショット 2017-07-18 7.48.42

バレエで股関節が硬い意外な理由


こんにちは。島田です。

股関節が硬いといったとき、靭帯や関節そのもののが原因のこともありますが、実は意外な原因で硬くなってるケースもあります。今回はそんなお話。
 

股関節が硬いというと…

 
 
人によって、
「内側が硬い」
「外側が硬い」
という場所について硬さを感じていたり、

あるいは、
「開脚するときに…、スプリッツできなくて…」
といったポーズするときに硬さを感じたりと様々です。

でも、例えばこの図↓のように…
バレエで股関節が硬い意外な理由.004
『股関節が』というその股関節の位置がズレていて外側の筋肉を使っているために股関節が硬くなってしまうケースもあるんですね。
 
 

股関節が硬い意外な原因
マッピングのズレ

 

股関節の位置は?

 
 
股関節ってわりと外側のイメージありませんか?
でも、実際に股関節をアップで見てみると…
バレエで股関節が硬い意外な理由.005
股関節として動かしたいのは骨頭(こっとう)と呼ばれる部分です。
でも、外ももとお尻の間で触れる骨っぽいところ(大転子・だいてんし)も股関節として使おうしていることがあるんです。

これだと、外側の筋肉を使うので、股関節が十分動かせません。
結果、お尻の筋肉や外もも(腸脛靭帯・ちょうけいじんたい)を使ってしまい、股関節周りが硬くなってしまいます。
 
 

股関節は意外と内側(体の中心より)にある

バレエで股関節が硬い意外な理由.006

これはターンアウト(1番)を骨の位置がわかるようにしたものです。
これで見てもらうとわかる通り、股関節ってわりと体の中心にあるんですね。

この位置に股関節があるとして使うのと、先ほどの外側を股関節として使うのでは、使う筋肉も違ってきます。
なので…
 

意外と中心にあると
イメージするだけで動きも変わる

 
 
股関節が硬くて…と思っているなら、もう少し体の中心にあるとイメージして使ってみてください。
実際の細かい位置はわからなくても、『股関節って意外と内側にあるんだ』と思って使うだけでも違いますよ^^ぜひ

 

スクリーンショット 2017-07-18 7.48.42

バレエの5番でカマ足になるのを防ぐ方法。しかも簡単なやり方で。

こんにちは。島田です。

今回は、バレエで
・5番ポジションにするとカマ足になってしまう…
・足が内向きに入って股関節が開きづらい…
・親指が突っ張る…
という症状に対してカマ足を防止するコツをお伝えしようと思います。

あなたはバレエ教室でバレエをしていて先生からカマ足を指摘された事があるかもしれません。
この時に一生懸命股関節を開こうとするんだけれども、どうしてもカマ足になってしまったり、5番ポジションにした時に足が縦になってしまったりするかもしれません。

今回はそのカマ足を防ぐ方法をお伝えします。
カマ足を防ぐ方法は沢山ありますが、その中でも一番シンプルに出来る方法をお伝えします。
それは…
 

股関節を内旋しておくこと

 

解剖学的にカマ足を防ぐ方法です。
⓪足は肩幅に開いて膝を伸ばして片脚ずつ行います。
 肩幅に開いた時は足をパラレル、平行にした状態で行うと良いでしょう。
①まずは、かかとをつけたまま足首をフレックスします。
 そうする事によって膝が伸ばしやすくなり、股関節を外旋したり内旋したりというのがしやすくなります。
②この後で、かかとをつけたまま股関節を内旋(内回し)します。
③これを3〜5回繰り返す。
これだけです。
バレエ カマ足 改善
この方法を使う事によって、股関節の性質を利用して内旋を入れてあげて外旋しやすい状態をつくる事が出来ます。
 

股関節を開きたいのに内旋する理由は?

 

ここで「股関節が開かないからカマ足になっているのに内向きに内旋して大丈夫なのか?」という風に思うかもしれません…。

でも大丈夫です。

これは、野球のバッティングや、ゴルフのスイング、をちょっと思い浮かべてもらうとわかると思います。
あれって、一度体を逆に引いてから打っていますよね?
股関節を外に回すときも同じで、実は内旋(内回し)した方が開きやすいんです。

そもそも何でカマ足になるのかというと…。
最初から股関節を外旋しようとすると、この時に膝がゆるんで曲がりやすくなります。
よく膝が出っ張って曲がってしまうという意見があると思いますが、これは最初から外旋してしまっているからです。
バレエ 股関節 かま足
この状態から膝を伸ばそうとしたり、床を押そうと足を伸ばそうとすると…体重はあちこち外にかかったりして靭帯が引っ張られる感じになります。
膝がねじれて痛いので、足を伸ばして床を押しやすくしようとする為に股関節をニュートラルにもってこようと勝手にしてしまいます。
それで足首が内旋をして痛みを抑えようとする…この足首内旋、膝がねじれて痛い部分を補う為に足首が内旋しちゃっているのがカマ足の正体です。
 

先に内旋しておくメリットとチェック法

 

先に股関節の内旋を入れておくと…股関節を外旋、外に開いた時にニュートラルに入ります。
要は脚を真っ直ぐ使いやすい状態にここでなる、という事です。

この状態で開いていくと膝が曲がりにくいので、いざ股関節を開いた時に結果的に外旋出来る量が増えて股関節が開きやすくなります…これがこの方法を使うメリットです。
これ、出来ているかチェックしたい時は5番に入れて下さい。

最初は5番は入りづらいので親指が突っ張ってしまったり膝が緩んでしまうかもしれません。
この状態を確認してもらい、その後で脚を肩幅に開いてパラレルにした状態…平行にした状態で片足ずつ膝を伸ばして内旋を入れていきます。
 
その後で、もう一度5番に入れ直してみると上手くいっていれば5番が入りやすくなりますので一度試してみると良いと思います。
これが5番にした時に脚が内向きに入ってしまうのを防ぐ方法です。


今回のカマ足防止の方法をまとめます。
足首をフレックスしながら、かかとをつけたまま股関節を内旋(内回し)します。
方法はこれだけです。

解剖学的な性質を利用した方法で、条件だけ気をつけて行うだけでカマ足を防止する事が出来ます。
その条件は脚は肩幅に開いてパラレル(平行)にして行う事、膝を伸ばして片足ずつ行う事、そして出来ているかチェックしたい時は5番のやりやすさを、やる前とやった後で比べてみる事です。
これは簡単なので是非試してみて下さい。

是非、明日からのレッスンに活かしてもらえれば嬉しいです。
ありがとうございました。