バレエで骨盤のゆがみが気になるなら

バレエで骨盤のゆがみが気になるなら…

こんにちは。島田です。

あなたはバレエ教室で
「骨盤ゆがんでる!」
って言われたことありませんか?

骨盤がゆがんでると、
アラベスクなどで、足を支えられないので高く上げられません。

なので、今回は骨盤のゆがみについてお話します。

骨盤 ゆがむ 理由

なぜ骨盤がゆがむのか?

理由は
・足組んで座る
・猫背
・ソファでダラ〜っと座る
・姿勢が悪い
・斜めを見るような画面( TV、PC)の配置

などなど、日常の座り方、姿勢でゆがんでいくわけです。
これは…あなたならもうわかってますよね?

でも、

・足を組まない
・いい姿勢をする
・背中を丸めて座らない

と言われても、普段忙しいあなたにとってはなかなか難しいものです。
そんなことまで気を使わないといけないのかと…(~_~;

そこで、骨盤のゆがみをある程度正す方法を紹介します。
バレエのレッスンでやる練習の1つです。
 

バレエで骨盤のゆがみを正す方法

 
それは、タンデュ

そう。
あの足を伸ばす運動は骨盤を正す整体にもなるんです。

あ、でもただ足を伸ばしてもダメですよ^^;
体がねじれて足伸ばしても意味ないですから。
むしろ、体ねじって伸ばしても骨盤ゆがんでいきます。

大切なのは上半身がブレないこと

体幹がキープできる状態で足が伸ばせるようにするのが、タンデュで骨盤を正すポイントです。

バーを杖がわりにして、
アラスゴンドに開いた手の脇に意識をおいて、
両足が楽になった状態でタンデュします。

回数より質です。
3回しかやらなくてもちゃんと伸ばせれば、
膝は伸びますし、足は上げやすくなります。
 

骨盤のゆがみがとれると…

 
骨盤ゆがんで困るのは足を上げてキープする時なんですね。

なので、骨盤のゆがみがとれると、
・アラベスク
・アチチュード
・ディベロペ
・パッセ
・Y字バランス
……

などなど、いろいろな足上げ動作が楽になります。

骨盤のゆがみが気になるなら、

そして普段の生活で姿勢を直すのが苦手なら(笑)、
タンデュの質を意識してみてください。
 
 
PS.
ちなみに、私も毎日タンデュ・プリエ・アンオーはしてます。
バレエを整体として使って体調を整えてるんですよ^^
 
 
PPS.
もし、「私は硬いから…。」と思ってるならこの方のエピソードが参考になるかもしれません(ご本人には了承をとってあります)。

バレエで寝ながらできる引き上げ法

バレエで上体を引き上げる方法。寝ながらできます

こんにちは。島田です。

「足首が弱い!もっとかかと引き上げて!」
「膝が曲がってる!お皿が大きい!」
「あばらを閉めて!」

バレエを踊っているなら、あなたも一度(いや百度)は聞いたことがあるかもしれません。

でも冷静に上のフレーズみるとすごいですよね。

2番目の膝のお皿が大きいとか、

「骨の問題じゃね?」
って思いませんでした?^^;

実は違います。
これら3つにはある共通点があります。それは…
 

引き上げ不足

 
足首が弱いのは、引き上げが十分でないので、足が伸ばしきれてないから。
膝が曲がったり、お皿が大きいのも、脚が伸ばしきれてないから。ニュアンス違いますけど、ほぼ同じ理由です。
あばらが開くのは、上体が引きあがらないのを肩に力を入れて持ち上げようとしてるから。肩を下げようとしても同じようになります。

でも、こういう問題はわかりきってるかもしれません。
そこで、今回はバレエのレッスンで引き上げに使う方法と、簡単に引き上げる方法をお伝えします。
 

バレエのレッスンで引き上げる方法

 
バレエはそれ自体、優れた整体です。
きちんと引き上げしやすくする練習が入っています。
それは…

引き上げ アンオー

引き上げの練習に最適なのはアンオーです。
毎回のレッスンでやってる?
それなら冒頭にあるような問題は起こりません。
 
 
実は、ほとんどのケースでアンオーが上手くいってないんですね。

・腕を上に持ち上げてるだけになってしまっている
・アンオーするときに出っ尻にして背中の伸びをなくしている

このケースが多いです。

試しに、1番ポジションで背中とかかとを壁につけて、アンバーからアンオーしてみてください。
最初につけた位置から、背中のすき間が広がったらアウトです。

アンオーがきちんとできてないと、
・立ってる状態をキープするために背中を浮かせる
・出っ尻になって前に倒れそうになる
のどちらかになります。
 
 
そう。
結構、ちゃんとアンオーするのって大変なんです。

そこで、ちゃんとアンオーして背中の引き上げをできる方法があります。

バレエ 引き上げ
仰向けで寝ながらアンオーをすることです。
これで出っ尻や肩が上がることを防いでアンオーすることができます。

このときのポイントは、
【足のポジションをとりながら行うこと】
です。

アンオーは背中を伸ばす動きですが、
・1番の場合は腰の下
・5番の場合は首の付け根
足のポジションによって伸ばす部分が違うんですね。

このポイントを守ってやることで、きちんとアンオーができて背中が引き上がります。

背中が引き上がることで、
・ルルベアップでふくらはぎが軽かったり
・膝が曲がりにくくなったり
・アラベスクで足を持ち上げやすかったり

良いこといっぱいありますよ^^
ぜひお試しあれ。
 
 
PS.
ちなみに、「4番どうするんだ?」って話になりますが、壁を足につけて行えばできます。
 
 
PPS.
プラスでタンデュすると、肩こりや首の痛みにも良いですよ。
 
 
 
バレエ 引き上げ 膝

ポアント 足首 グラグラ

ポアントで立つと足首がぐらぐらする理由

こんにちは。島田です。

先日、あるダンサーさんの治療をしたときの話。

「バレエシューズで立つときはまだ良いんだけど、ポアントで立つと足首がグラグラする…。」

とのこと。

ご本人は足首が弱いんじゃないかって思っていたんですが、足首は十分強くてむしろ使いすぎなくらいでした。
そこで、5番でアンオーしたままストレッチしてもらって、ポアントで立つときにあることを注意してもらったところ、足首がぐらつかなくなりました。

ポアントでグラグラしたのは足首が弱いせいではありません。
原因は別にありました。
 

足首グラグラの原因は…

 
彼女のケースで足首がぐらぐらした原因は2つ。
 
 
1.背中の伸びが足りないこと(引き上げ不足)。
2.目線が下にいくクセがあること。
 
 
ポアントで立つときは、骨盤を立てることで足をまっすぐ伸ばして床を押す必要があります。
そのとき、背中を伸ばして引き上げないと仙骨が寝てしまって膝が伸びません。
膝から下で一生懸命に床を押すと、ふくらはぎが緊張します。
これだと疲労も溜まりやすいので、長く踊るとつらくなります。

2の目線については、以前、グラグラ防止法でお話しました(バレエのグラグラ防止法〜中級編〜)。
目線が下にいくことで重心が不安定になってグラグラするんですね。
バレエ 目線

ポアントで立つときは、背中を伸ばしながら引き上げることで床を押すようにして立つと安定しやすくなります。
足首を強くするのは、ここをクリアしてからの方が効果的です。
 

それでも足が気になるなら…

 
『足で立つな』と言われて背中伸ばして床を押して立てるなら、もうとっくにやってますよね?^^;
理屈はわかっても、慣れないうちはやっぱり足で立ってしまうものです。

そこで、裏技をひとつ。
この3カ所をグッグッと押してください。
これで立ちやすくなるはずです。
バレエ 足首 弱い
やってみると不思議な感じしますよね。
これは反射を使って、足裏を使いやすくしています。
足裏で立つときに使わないといけない部分を、意識させてるんですね。

人差し指の周りを押すのは、体重の抜ける位置を意識させるため。
かかとの前を押すのは足底腱膜(そくていけんまく)を意識させるためです。

どうしても足から立ってしまう場合のサポートに使ってください。
最終的に引き上げながら立てればいいんですから。
 
 

PS.
弱い部分が気になると、
「足首がもともと弱い…」
「骨格が…」
と思いがちですが、(実際そういう注意をされるところもあるようですが…)ほぼほぼ違います。
実は自分の体を活かしきれてないだけのことが多いです。
 
 
ポアント 足首