【よくある5つのバレエの悩み】3つのステップで親指とつながる部分をまとめて整える

バレエの鎌足って?原因と直し方

バレエ 鎌足 直し方

こんにちは。島田です。

今回は、「バレエの鎌足って一体どうなってるのか」「鎌足を防いでつま先を伸ばすためのヒント」についてお話します。

バレエのレッスンで、「鎌足になってる!」って注意されたことがあるかもしれません。

でも、「足首の角度を直そうとしてるけど、なかなかうまくいかない」「そもそも鎌足とかバナナ足ってどんな状態?」と思う方もいると思います。

そこで、
「まずは鎌足って一体どうなってるのか?」
「鎌足を防いでつま先を伸ばすために、どこからやるといいのか」
それを知るだけでも、ご自身のレッスンのヒントになると思います。
ぜひご覧ください。

バレエでの「鎌足(カマ足)」とは?

バレエの鎌足とは
まず「鎌足ってどんな状態?」ってことなんですが…、つま先を伸ばそうとした時、足首がスネより内側に曲がってしまうことです。バナナ足とも言われます。

本当はまっすぐ伸ばしたいんだけど、外側から巻き込むように、足首が内側向いちゃうんですね。

鎌足を注意されている人が、それを嫌がって内側から捻る逆パターンのものもありますが、要するに、つま先がまっすぐ伸びずに内側か外側どちらかに曲がってしまうということです。

パッセで鎌足になるメカニズム


例えば、パッセなどで足を上げていくときも…

つま先がまっすぐだと股関節が回りやすいので膝が外に向いて足も上げやすいんですが、

鎌足だと足が上がらない分を、足首が内側に向くことで上げて見せようとします。

その分、股関節が回ってないので、膝が内側に向いたり、体が内側に向いちゃうんですね。

鎌足(カマ足)の直し方・矯正方法:かかとを前にだすこと

じゃあ、鎌足の対策はどうすればいいか?

それは、かかとを前に出すようにすることです。
<h2>鎌足(カマ足)の直し方・矯正方法:かかとを前にだす
かかとを前に出すようにすることで、ターンアウトの外向きのねじりが入るので、内側にねじれるのを消してまっすぐにしてくれるんですね。

「え?かかと前にするだけなら簡単じゃん」と思いますよね。

なんですが…


「かかとを前に出して」ってアドバイスをそのままやろうとしても、うまくいかなかった経験ある方もいると思います。

鎌足というのは、単に足首の角度だけ直せばいいんじゃないんですね。

つま先伸ばして立った状態や、パッセのように足を上げた状態で『かかとを前に出す』にはある部分が必要です。

鎌足の本当の原因はターンアウト不足

それがターンアウトです。

ターンアウトやアンドゥオールときくと、股関節を開く運動だと思う人も多いと思いますが、実は、体を絞ることで床を押しやすくしてくれるんですね。

以前別の動画でもお話しましたが、体重がかかると股関節は内側に向きます。それを、ターンアウトで使うお尻の奥の筋肉が働くことでニュートラルに戻してくれるんですね。

このターンアウトが効いてるから、足首もまっすぐをキープしたまま伸ばすことができます。

つまり、カマ足の大元の原因は、ターンアウト不足なんですね。

ターンアウト不足で起こる鎌足のメカニズム

鎌足になるメカニズム
例えば、つま先を伸ばして立つ時も、ターンアウト不足だと…

股関節が開かない分、お腹やお尻など体を開いてカバーします。

骨盤が前にズレて股関節の開きを邪魔するので、太ももが内側に向きます。

これだと自分の体重を片足で支えきれないので、
膝から下で重心を外に逃がして、
バランスを取るために足首を内側に向ける。

といった状態になります。

つまり、鎌足は、自分の体重を支えきれない分をかばって起こる反応なので、この時点で足首の角度だけを直そうとしても、難しいんです。

鎌足(カマ足)を根本から直すなら、ターンアウトの改善が一番効果的

なので、対策としては足首の角度を直す前に、

ターンアウトしやすくして、
つま先をまっすぐ伸ばすのに耐えられるようにするのがオススメです。

先ほどの、かかとを前に出すというのも、『ターンアウトする』という意味です。

以前、別の動画で、かかとを前に出すことで股関節を開きやすくするストレッチについてお話してるので、このストレッチもご参照ください。

まとめ

まとめると…、
鎌足というのは、つま先を伸ばすときに、足首がスネよりも内側になってしまうことです。

対策は、かかとを前に出すこと。

ただ、大元の原因はターンアウト不足なので、

「鎌足直したいのに、足首を外に向けようとしてもなかなかうまくいかない」
「かかとを前に出したいけど、うまくいかない」

という場合は、ターンアウトしやすくして床を押しやすくすることで、つま先を伸ばした状態をキープしやすくなります。結果的に足首の強化もできて立ちやすくもなるので、ぜひ試してみてください。

ではまた次回お会いしましよう。