バレエ 股関節

骨盤調整の鍼 バレエ鍼灸

ピタッと立ちたい方向け!骨盤周りの安定度上げる仙腸関節鍼

こんにちは。島田です。

痛み…ではないんですが、現場でみてると骨盤周りの悩みって多い印象があります。
・体幹が弱くて安定感が無い
・骨盤の高さが左右揃わない気がする
などなど

バレエでは体幹の安定度がとても大切なので、この違和感があるとバランス悪く感じる方もいるようです。

今回は、骨盤周りの安定度を上げる鍼について紹介します。
 

アプローチするのは仙腸関節と後頭部

 
仙腸関節(せんちょうかんせつ)というのは、要するに骨盤の要(かなめ)です。
仙腸関節について
背骨の下にある仙骨(せんこつ)という土台になる骨と、腸骨(ちょうこつ)という骨をつないでいます。
左右の片方だけ高いとかねじれてる感じがするのは、この周りに問題があるケースが多いです。

骨盤全体が寝ているのは別問題なのでまた機会があれば…。

後頭部にあるツボは骨盤部分と対応しています。以前は眼精疲労がアンドゥオールのやりづらさにつながっているケースを紹介しました(まさかの目の疲れ?!4番ポジションでお尻・太ももが硬い)。
 

立った状態でバランス確認しながら鍼をします

ビタッと立ちやすくするための鍼
ここはうつぶせでで打っても効果ありますが、立っている状態で鍼するのが一番効きます
場所も、着替え無しでいけるところなのでそのまま動きの確認とれるのがこの鍼の良い所。ちなみに、イラストはツボの位置わかりやすくするためのものです^^;当院ではそのままの服装がほとんどでほぼ着替えません

立ってる状態の鍼は効き目高い分、刺激も強めなので、しっかりビタッと立ちたい方以外は普通の治療で十分ですφ(. .  )
 

終わりに

バレエにはいろいろな動作がありますが「体幹あっての他の動き」だと思います。
なかなかうまくならないな〜と思ったら、まずは体幹部分への意識をつけるところから始めてみては^^

スクリーンショット 2018-05-20 10.48.32

足の付け根のゴリゴリが気になる時は内もも緩めます

バレエで足の付け根のゴリゴリが気になる時は内もも緩めます

こんばんは。島田です。

股関節の動きで足の付け根のゴリゴリが気になっている方多くありません?
そして、直接ゴリゴリをどうにかしようとマッサージしたりしませんか?

実は、これだとなかなか付け根のゴリゴリとれません。
そこで今回は、足の付け根のゴリゴリをとる時に鍼治療でアプローチするポイントを紹介します。

ゴリゴリとるなら内ももから

内転筋の変な使い方で内ももが硬くなっているケースが多いです。
この場合、内転筋を緩めることで付け根のゴリゴリも取れてきます

↓よく使うのはこんな場所↓
足の付け根のゴリゴリが気になる時は内もも緩めます

内転筋をきちんと緩めておくと、ゴリゴリが取れるだけじゃなくてターンアウトがやりやすくなります。一石二鳥ですよ^^
内ももが硬いケースが多いですが、以下のケースも要注意↓

足の付け根そのものが痛い場合

グランプリエのようなしゃがみ動作で痛い時などは、腸腰筋(大腰筋+腸骨筋)というインナーマッスルが関係していることが多いです。
引き上げが弱い場合も要注意です。
腸腰筋へのアプローチについてはこちらにまとめました(足の付け根が痛い時にまずチェックすべき筋肉)。
バレエで足の付け根が痛い時にチェックすべき筋肉 腸腰筋

ハムストリングスが硬い場合

ハムストリングス(後ろの太もも)が硬いと、骨盤が後ろに傾くため股関節の前側にある大腿筋膜張筋(だいたいきんまくちょうきん)が硬くなります。これがゴリゴリの原因になることも。
ハムストリングスの効果的なツボストレッチ法はこちらにまとめました(硬いハムストリングス撃退!ツボストレッチ)。
固いハムストリングス撃退!ツボストレッチ

急がば回るが吉

どうしても気になる部分をなんとかしたくなりますが、内ももやハムストリングスなど、周りからアプローチした方が結果的に早く緩みます。直接ゴリゴリをマッサージしても効果がないときはぜひお試しあれ^^

スクリーンショット 2018-05-20 10.48.32

股関節を開くと痛いときの鍼治療

膝を曲げて股関節を開くと痛いときの鍼治療

こんばんは。島田です。

股関節痛はどの動きで痛みがでるかがかなり重要です。

・膝や足を伸ばして開くと痛いのか
・膝を伸ばして開いても痛くないけど、膝をまげて開くと痛い
・パッセで痛い ▶パッセで内ももが痛いときの鍼治療
・パッセは平気だけど、アチチュードでアラスゴンドに開くと痛い

などなど

今回は、アチチュードアラスゴンドや、膝を曲げて股関節を開くと痛いときの鍼治療でアプローチする部分を紹介します。
 

膝を曲げるか、伸ばすかそれが大事だ

 
仰向けに寝て、
・膝を伸ばした状態で股関節を開く
・膝を曲げた状態で股関節を開く
では痛む場所が違うのがわかると思います。(もしわからなければ両方問題あると思って下さい)

股関節開く筋肉
膝を伸ばして開くと痛いときは中殿筋(ちゅうでんきん)という筋肉が硬いか疲労しています。アンディオールでも問題あるケースが多いです。(←これはご要望があれば掘り下げします・Twitterで教えてください^^)

膝を曲げて股関節を開いたときに痛いのは回旋筋群の下の方「内閉鎖筋(ないへいさきん)、上下の双子筋(そうしきん)、大腿方形筋(だいたいほうけいきん)」が関係しています。

坐骨(ざこつ)と股関節の骨のでっぱり(大転子)の間にと〜っても痛い所があるはずです(>_<;。
ここを鍼でゆるめて疲労をとります。
 

セルフケアするときのコツ

ちょっと深い所にある筋肉なので、テニスボールを坐骨の近くにあたるように座って足を開いたり閉じたりすると見つけやすいです。痛いうちは無理しないでくださいね^^;思っているより痛いです
 

股関節を開いて痛いときに使うツボはコレ

 
内関(ないかん)
手首にあるツボです。ぜーんっぜん関係ないところにありますが、ここが一番効きます。
股関節内側に効くツボ
このツボに鍼をした状態で股関節を動かしてもらいます。
自分で押すときは、手首の内側にでる腱の間をたどると押しやすいです。
 

終わりに

股関節の開きが悪いと、いろいろなことができません。肩の動きも悪くなりますし…
坐骨周りが硬くなっている方は要注意。普段から意識的にケアすることで気持ち良く踊れますよ^^

スクリーンショット 2018-05-20 10.48.32