パッセ 開かない

パッセ 体が回る

パッセで股関節が開かない、体が内側に回るときの原因と対策

こんにちは。島田です。

パッセするときに、『足が上がらない』と同じように、

『股関節が開きにくい…』
『体が内側に回っちゃう…』
ということがありませんか?

今回はその原因と対策についてお話します。

前回は、パッセをする時に足がなかなか上がらないという事に対しての対策をやりました。
その悩みと同じくらい多いのが、
パッセをする時に股関節が開きづらい、
股関節を開こうとすると体が内側に回ってしまう
という事です。

実際にやってみると分かりますが…パッセをした後、パッセで足を引き上げた時点から股関節を開こうとしてもなかなか開きづらいです。
これは股関節が硬いからでは無く、多くの原因は背中が捻れている状態で足を開こうとしているからです。

どういう事かというと…実際の動きを見ながらの方が分かりやすいので、まずは動きで確認していきましょう。
パッセ 股関節 開かない
前回、軸を伸ばして足を引き上げながらやる事によってパッセする足を高くする事が出来るというのをやりました。
でも、このままの状態だと肩の位置…右肩が少し前にきて左が後ろ、肩甲骨の下側もそれ合わせてズレる感じになるので、若干足を上げる側に体が回っていってしまいます。

右肩が前に来て、左肩が後ろに来る事で背中が捻れて歪んだ状態が出来てしまいます。
この状態から更に股関節を開こうとすると、倒れそうになって危ないので防御反応で股関節が内側に入って体が内側に回ってしまいます。

これが悩みで出ている「パッセをした時に股関節が開けない」原因です。

では、どうすればいいのか?

対策として取りやすいのが4・5番のターンアウトをしやすくする、という事です。

これは股関節を開きやすくする軸の位置と関係があります。
それぞれのターンアウトのポジションには股関節を開きやすくする軸の位置というのが背骨にあります。
パッセ 体が回る
4番、5番の場合は割りと背骨の上の方になります。
なので4番・5番のターンアウトをする事によって、先程肩甲骨の高さにあったような背中の部分の捻れが取れやすくなります。
実際の背術では5番のターンアウトをしやすくするように調整をかけます。
その調整前後でパッセを比較してみると…
パッセ 股関節 開かない 対策
背中の歪みが残っている状態と背中の歪みがとれた状態では、パッセしたときの膝の高さや股関節の開き方が違っています。
理由は先ほどお話した通り、背中が捻れてないぶん、股関節を開くことに使えるからです。

なので…あなたがパッセをする時に体が内側に回ってしまう、もしくは股関節が開かないという状態だとしたら、まずは4・5番のターンアウトをやりやすくするという所から初めてみると良いかもしれません。

レッスンでやる時は、バーレッスンで4・5番のプリエをするのがおススメです。
普段のレッスンから入る部分だと思いますので、是非試してみて下さい。

是非、明日からのレッスンに活かしてもらえれば嬉しいです。
ありがとうございました。

 
 

バレエ 整体

パッセ 足高くできない 原因

パッセで足が高くキープできない3つの理由

こんにちは。島田です。

先日とあるダンサーさんを治療したときの話。
 
 
【パッセで足を高くキープできない】とのこと。
 
 
「股関節が使いづらくて…」というので、診てみると…原因は股関節ではなく別のところにあったんですね。
 
 
それは、手のひら
 
 
「ん?(・_・;」と思った方。

いきなり話が飛んでスミマセン^^;
これから詳しくお話します↓

 

パッセで足を高くキープできない3つの理由

 

『パッセで足を高くキープできない』という状態には原因が大きく3つあります。

それは、パッセしたときに

①足を上げにくい
②股関節回しにくい
③キープできない

ということです。
1つずつみていきましょう。
 
 
 
①足を上げにくい

パッセしたときに足が上げにくいのは脇が引きあがってないからです。
脇が引きあがった状態でないと、足を使って足を持ち上げることになるので、重くて上げにくいんですね。
 
 
このとき、脇に力を入れるのは NGです。
 
 
脇を引き上げるのに必要なのは、実は手のひらの使い方。
手のひらが使えてると、脇は自然と引き上がります。
バレエの手の形は飾りではなく股関節をサポートする上で必要なんです。

ちなみに、冒頭のダンサーさんの原因はコレ。
普段はPC作業をすることも多く、手を酷使してバレエの手の形が取りにくかったんですね。
手のひらが意識できないことで脇が使えず引きあがらないので、足を使って足を持ち上げていたのが上がらない原因でした。
 
 
②股関節を回しにくい

パッセしたときに股関節回しにくいのは足裏に力が入ってないからです。

足裏が使えてないと、坐骨に力が伝わらないので股関節を外旋(外回し)しづらいんですね。

治療では足裏のお灸も有効ですが、自分でなんとかするならタオルギャザーが定番かな…地味なんですが^^;
 
 
 
③キープできない

パッセをキープできないのは体幹がグラついてるからです。
これはタンデュとプリエをするときに、出っ尻になったり、体が斜めったりするのが原因。

バーレッスンのタンデュやプリエの戻し方を意識すると改善しやすいです。
 
 

 

あなたのケースはどれですか?

 

 
パッセで足を高くキープできないってけっこうよくあるケースではないかと思います。

あなたの場合はどの原因が心当たりありそうですか?
…って聞くと「全部!」って力強く答えられて「お、おう^^;」ってなることもありますが…。

それでも、1つずつ解決していけば、パッセ高くキープできるようになりますよ^^
ぜひチェックしてみてください。
 
 
 
パッセ 足 上がらない

パッセ 開かない 原因

パッセで足が開かない意外な理由。※股関節ではありません

こんにちは。島田です。

いきなり質問です。次の3つのなかで当てはまるものはいくつありますか?

⬜︎仕事はデスクワーク
⬜︎背中のストレッチはしない(やっても凝ってる)
⬜︎縫い物が趣味、スマホ大好き

・0です→それは良かった。
・1〜2つあります→あなたはパッセで足が開かなくて困ってるかもしれません。
・あれ?3つともある→あなたは高い確率でパッセで足が開かないでしょう

↓理由はこの後にあります↓

パッセで足が開かないと、まず股関節の硬さをなんとかしたくなりますよね。残念!違います。実はパッセで足が開かない人の共通点を探していくと、股関節の硬さとは違う所に原因があったんです。意外なところですよ。
 

パッセで足が開かない人に共通するのはココの硬さ

パッセ 開かない 原因 
それは肩甲骨の間の高さの胸椎。そう、背中の上の方です。

「えー?股関節からだいぶ遠いな( ̄- ̄;」と思いません?

私も初めてこの連動発見したときはビックリしました。いくら股関節や腰を整えてもなかなか股関節開かない人を治療してて見つけたものです。バレリーナには少ないですが、デスクワークしながらバレエを踊ってる人には多いです。

もし、あなたが普段デスクワークで背中バリバリのままなら、高い確率で股関節が開きにくいはず。猫背があるならもう…ね^^;踊るの大変だと思いますよ。
 

パッセで足が開かないときのストレッチのコツ

 
股関節のストレッチも必要ですが、その前に背中の上を伸ばす必要があります。そうしないと、制限がかかって股関節が伸びにくいです。

背中のこの部分を自宅で伸ばすのは、ストレッチポールでやるのが一番簡単だと思います。やり方は以前にバレエに役立つストレッチポールの使い方でお話ししました。このとき、パッセをしながら背中を伸ばすとより効果的です。
 

パッセで足が開かないなら背中を伸ばしましょう

 
パッセで足が開かないな〜と思ったときは、一緒に背中(肩甲骨の間の高さ)に問題があるケースが多いです。猫背があるなら足は開きにくくてしょうがないはず。まずは背中を伸ばして肩甲骨周りの硬さを取ってみてください。それだけで開きやすくなりますよ。この辺は肩を下げるときに使う所でもあるので、バランスも取りやすくなって一石二鳥です^^

バレエ 整体 背中