バレエ ハムストリングス

ハムストリングスが硬い3つの原因

こんにちは。島田です。

バレエであったりダンスなどで踊っていると、「ハムストリングス(もも裏)が硬いな」と思うことがありませんか?

ハムストリングスの筋肉自体が疲れて硬い、ということもあるのですが、他の部分をかばって硬いということもあります。

今回はハムストリングスが硬くなる原因つに分けてお話します。
 
 

ハムストリングスが硬い3つの原因

 
 

ハムストリングスが硬くなる原因を近い順からみていくと…、次の3つのパーツに分けることができます。

ハムストリングスが硬い3つの原因.011

原因1:骨盤のズレ
原因2:体幹弱くて肋骨が開く、背中が硬い
原因3:首〜肩が硬い、顔が先に動く
 
 
このように3つのパーツのどこかに問題があると、体勢を崩さないために、かばってハムストリングスが硬くなります。

では、どんな感じで硬さを作るのか、1つずつ掘り下げていきますね。
 
 

原因1:骨盤のズレ(タックイン・出っ尻)

 
 
ハムストリングスが硬い3つの原因.012

1つ目は骨盤のズレ。
今回お話する3つのなかで、一番影響が強いです。

理由は、ハムストリングスは骨盤(坐骨・ざこつ)から膝裏までいくので、くっつく片側の骨盤に問題があれば、モロにそのあおりを受けるから。

具体的にどうなるか?というと…

例えば、骨盤がタックインすると、

・坐骨が下に下がる
・膝は前に押し出されて曲がる

ようになります。

なので、間にあるハムストリングスは、縮みやすくなって伸ばすと硬い感じになるんですね。

ハムストリングスが硬い3つの原因.017

逆に出っ尻のようになると…

・坐骨は上(後ろ)に引っ張られる
・膝の上は後ろに行くので伸びそうな感じですが、すねが前に押し出されるので、結局、膝は曲がる

ようになります。

すると、今度はハムストリングスでも膝裏(ひざうら)に近いあたりが伸びにくいということになるんです。

ハムストリングスが硬い3つの原因.023

こんな感じで骨盤のズレがあると、ハムストリングスがそこをかばって硬くなっちゃうんですね。

で、これらの骨盤のズレをつくる原因になりやすいのが…
 
 
ハムストリングスが硬い3つの原因.025
 
 
体幹です。
 
 

原因2:体幹弱くて肋骨開く・背中が硬い

 
 
体幹が弱くてグラグラしたり、背中が硬い状態だとどうなるかというと、こんなイメージのゆがみが起きます。
ハムストリングスが硬い3つの原因.035

・肋骨(あばら)が開いて、骨盤が下がる
・股関節はイン(内側)に入りやすくなる
・反対側の骨盤は前に押し出される

という感じになって、図でいうと、右側は出っ尻タイプで、左側はタックインタイプでそれぞれハムストリングスが硬くなります。

そして、この背中のコントロールをするのが首〜肩です。
 
 

原因3:首〜肩が硬い、顔が先に動く

 
 
首がグラグラ動く、踊っていて顔から突っ込む…など、表現はいろいろありますが、顔から先に動いてしまうと、首や肩(腕のつけね)が動きます。

すると、背中は体勢が崩れないようにかばって固まるため、背中が動かず硬くなってきます。

そして、原因2のような状態になってハムストリングスが硬くなっていくんですね。

ハムストリングスが硬い3つの原因.042
 
 

まとめ

 
 
さて、いかがだったでしょうか?

ハムストリングスが硬い、というとき、確かに筋肉自体が硬い場合もあるのでそこをほぐせば大丈夫なケースもあります。

でも、なかなか硬さがとれないときは、今回お話したようにどこかをかばってなっていることがあるんですね。今回はその原因を大きく3つに分けてお話しました。
ハムストリングスが硬い3つの原因.048
 
 
原因1:骨盤のズレ
原因2:体幹弱くて肋骨が開く、背中が硬い
原因3:首〜肩が硬い、顔が先に動く

このようにパーツに分けると、自分はどの辺が原因でハムストリングスが硬くなってるのか、アプローチするヒントになると思いますので、ぜひ^^
 
 
P.S.
骨盤と足首の骨はリンクしているのでそちらから整えることもできますよ^^
この記事を読んだ人はこちらも見ています↓
 
 
ハムストリングスが硬い意外な原因
ハムストリングスの硬さをとる

【症例】グランバットマンで太もも痛い

こんにちは。島田です。

グランバットマンで太もも(ハムストリングス)が痛くなるときは、
・ハムストリングスそのものに問題があるケース
・別のところに問題があってハムストリングスがかばって痛いケース

があります。
後者の場合、原因解決せずにハムストリングスを緩めるとかえって痛みが増すこともあるので注意が必要です(-_-;)
今回の症例はまさにその後者のタイプでした。

症状

右側ハムストリングスが、

・グランバットマンで痛い
・ストレッチしても全然硬さがとれない

ということでした。

実はこの場合、痛みより、ストレッチしても硬さがとれないことのが問題です。
 

なぜ、ストレッチしてもハムストリングスの硬さがとれないか?

ストレッチをうまくできない方(初心者さんなど)の場合はうまく伸ばせてないのかな〜ってこともあります。が、今回の方は相当踊ってきている方でしたので、それはありません。

この場合、硬さがとれない原因は…

(ハムストリングスを硬くして)他の場所の故障をかばっているから

ということが多いです。
 

治療の要はまず体幹から

背中のズレからチェックしたところ、やはり疲労のたまりすぎで体幹が機能してませんでした^^;これではストレッチしても伸ばせません

まず背中のズレを修正。
背骨調整
立ってもらうと、それだけで右のバットマンはOKでした。
左の方は痛むとのこと。実は本当に痛いのは左のハムストリングスで、右はそれをかばって変な軸になって出ていた痛みだったんですね。

左のハムストリングスの痛みをとることで解決しました^^
 

まとめ

ついつい痛いところに注目してしまいますが、原因は別にあるケースって結構多いです。
ハムストリングスの痛みの場合、ストレッチして硬さが全然とれないときは要注意。別の故障が隠れているかもしれません。体の声に耳を傾けてみてください。

スクリーンショット 2018-05-20 10.48.32

ハムストリングス 硬い ツボ

硬いハムストリングスの痛み改善!ツボストレッチ

こんにちは。島田です。

あなたは、ハムストリングス(太ももの後ろ側)が硬くて困ったことありませんか?ハムストリングスが固い・痛いと色々な部分に影響が出ます。
例えば、
・足の付け根が硬くなる
・膝や股関節が痛い
・バットマンやアラベスクしにくい
などなど

それはわかっていても、なかなかストレッチで伸びない>_<;』と、いうあなたに、今回紹介したいのがツボを押しながらのストレッチです。ストレッチしながら押しやすいように、肘にあるツボを使います。

 

ハムストリングス緩めるツボ

ハムストリング ツボ
手三里(てさんり)という肘下のツボのあたりは、ハムストリングスの硬さと関係があります。
このあたりを探して一番痛い所を押さえながらハムストリングスのストレッチしてみてください。折れ曲がる角度が違うはずです。

 

ストレッチのコツ

「運動前のストレッチは動的な方が良い」、「いやゆっくり伸ばした方がいい」など色々な意見があると思います。
今回は、『硬さをとる』ということに対して使えるストレッチの仕方です。

伸びる所まで体をもってきたら7秒そのまま

一度戻ります

1度目よりもう少し深く伸ばして7秒そのまま

×3回

また、伸ばす方向も大切です。
1.まっすぐ伸ばす。
2.今度は反対側(右を伸ばすときは左)に向いて伸ばす。
3.最後は体を同じ側にねじって(右を伸ばすなら右にねじって)伸ばす。
この3方向のばすと、まんべんなくハムストリングスが伸びます。

このときぜひツボを押しながらやってみてください。よく伸びますよ^^
固いハムストリングスを撃退して股関節や膝をラクに使ってみてください。

PS
もし、ストレッチで全然ハムストリングスの硬さが全然とれないなら、別の場所をかばうためにハムストリングスを硬くしている可能性があります。このプログラムが役立つかも。
バレエの動き改善プログラム