バレエ 足裏

足裏の筋肉を使ってつま先を伸ばすポイント

こんにちは。島田です。

バレエでつま先を伸ばすとき、足裏の筋肉を使ってやらないと、ルルベが低くなったりポアントで立ちにくかったりしますよね?

ギュッとして指曲げてもダメですしね…^^;
「足裏が弱いのかな…」と思って、鍛えようとするけど土踏まずの内側がつっちゃったり…。

実は、これらは足裏が弱いのとは別に、そもそも足裏使いづらい状態で使ってるのが原因の1つでもあるんです。
 
 

足裏を使ってつま先を伸ばすポイント


 
 

足裏で使いたいのはココ

足裏の筋肉を使ってつま先を伸ばすために.006
 
足裏の筋肉で使いたいのは、足裏全体の部分()です。
逆に指が曲がる使い方()だと、足首やつま先を伸ばすときに表面の筋肉を使います。アキレス腱やふくらはぎが縮んじゃうんですね。

そして、ここから力を入れるとココがつります↓
 
 

指が曲がる使い方だとここがつまる

 
足裏の筋肉を使ってつま先を伸ばすために.010
 
親指を曲げる筋肉が強いので、足裏全体ではなく土踏まずの内側がつります
ギュッとして「足つった!」なんて経験ありませんか?

それはこいつを使ってるサインです。
 
 

足裏全体を使いやすくすポイント

 
 
じゃぁ、足裏を使ってつま先伸ばすにはどうすればいいか?

ポイントになる部分が足首の角度

ルルベやポアントで乗るときも、足首の角度を変えていくことで高く立つことができます。

足裏の筋肉を使ってつま先を伸ばすために.017

これは足裏の筋肉を使う、甲を出しやすくするときも同じです。
 
 

足首の角度で足裏が使いやすくなる

 
 
足裏の筋肉を使ってつま先を伸ばすために.024

足首の角度がそれほどでもないときに、足裏でギュッとやっても、足裏の筋肉が長いままなのであまり力が入りません。結果、指を曲げる力が必要になります。

逆に、足首の角度がしっかりついてると、かかととつま先の距離が短い状態にもっていけるので、足裏の筋肉に力が入りやすいです。
 
 

足首で動かすポイント

 
 
「じゃぁ、足首でどこを動かすといいの?」って思いますよね?

それが足首のの部分(距骨・きょこつ)です。
ここから足首を使うことで、足裏が使いやすくなります。
 
足裏の筋肉を使ってつま先を伸ばすために.028
 
でも距骨にいく筋肉はありません^^;通過はするけど
なので、ココ単独を狙って鍛えるのはいわゆる筋トレではできません。
 
 

バレエのレッスンではどうしてるか

 
 
でも、バレエのレッスンでは足首の中を使う動きがあるんです。
それが番ポジションでの動作(プリエ、ロールアップなど)

2番ポジションは腰椎や骨盤を安定させるために行いますが、これらが安定していることで足首の中が動きやすいんですね。

ポアントのレッスンで行う2番のロールアップは足首の中を使うエクササイズ。

もし、タオルギャザーなどで足を鍛えるなら、2番でプリエなり何かをした後の方が効果的です。

足裏の筋肉を使ってつま先を伸ばすために.034
 
 

まとめ

いかがでしょうか?

『足裏を使ってつま先を伸ばす』なら

まず足裏が使いやすいように足首の角度をつくるとやりやすくなります。。
そして、そのために有効なのが2番ポジションで行う動きなんですね。

足裏の筋肉を使ってつま先を伸ばすために.038

もし、つま先伸ばすと足がつるなら…2番を安定させるところから始めてみるのがオススメですよ^^
 
 
 
CTAウェビナー③

バレエ 足裏 タオルギャザー

タオルギャザーで足裏を使いやすくする秘訣

こんにちは。島田です。

バレエを踊っていて、甲を出すとき、ポワントで立つとき、足を上げたり伸ばしたりするとき、すべてに必要なことがあります。

それは足裏が使えてること。

足裏を鍛える運動としてよく使われるのがタオルギャザーです。

でも、タオルギャザーをしていて「本当に足裏使えてるのかな…」「指なのか足裏なのかわからない…」という悩みが多いです。あなたもそう感じたことありませんか?

そこで、今回はタオルギャザーで足裏を使いやすくする秘訣をお話します。それは…
 

手のひらでボールを持ってタオルギャザーする

 
前回、バーレッスンのコツでもお話しましたが、手のひらを使うと、連動で足裏が使いやすくなります。これを利用して足裏を使いやすくするんですね。

手のひらでつまむようにボールを持ちます。手のひらだけで持とうとすると指は自然と伸びます。というか、指伸ばさないと持てません。

こんな感じです。
バレエ 足裏

「スーパーボールがなぜパンダ?」っていうのは気にしないでください。家にあるのがこれしかなかっただけです^^;(ちなみに上野駅のパンダ専門店のガチャガチャで手に入れました)

指が曲がるのはNGです。手のひらをきちんと使っていれば、指は伸ばさないと使えません。指が曲がるということは、手のひらではなく指で掴んでるんですね。

試しに、上のOKとNGの両方の持ち方でタオルギャザーしてみてください。特にNGの方では、足の指しか使えないのがわかります。
 

ポワントで立ちたいなら足裏使えるのはマストです

 
ポワントで立つときにトゥシューズに磨いつくように履くと綺麗に立てます。足裏使ったタオルギャザーはそれをやりやすくするんですね。

あなたが、足裏鍛えたいけどなんかうまくいかない…と思うならこの連動を使ってみてください。続けた後の違いがはっきり出ますよ^^

 

P.S.

ちなみに、タオルギャザーで足裏が使えてるかどうかは、ルルベのしやすさでチェックできます。
タオルギャザーした方の足の方がふくらはぎが楽になってれば足裏きちんと使えてます。

バレエ 足裏

たった1分で足裏使えてるかチェックする方法

こんにちは。島田です。

バレリーナとして、あなたはいつも『足裏をしっかり使って踊りたい』と思ってるでしょう。

でも、実際使ってるのは指…ってことありませんか?
・ルルベでふくらはぎがしんどい
・足がつる
・ポワントでグラグラする
などは、足裏ではなく指を使っているサインです。
 

「なぜ、頑張ってるのに指を使ってしまってるんだろう…?」

 
それは、どうなったら足裏を使えてるのか、わからないからです。

子供の場合は、なんとなく感覚で身についていきます。先生が感覚的に説明するのもそこが影響してます。でも、大人の場合、それはなかなか難しいです。使えてる基準が必要なんですね。
 

足裏使えてるかの基準は何で確認するの?

 
それは基本のルルベアップです。

ルルベはもともと足裏の強化法です。やればやるほど足裏を使うようになります。でも、それは足裏をきちんと使っていたときの話。指を丸める癖がある場合はふくらはぎの疲労と足がつる苦い経験しか残りません^^;

そこで、足裏強化法のタオルギャザーと合わせます。
足裏をきちんと使えるようにしてからルルベすれば、指で立つときとの違いがわかりやすいです。
 

足裏使えてるかチェックする方法

 
①1番でルルベアップしてみる
このときの足の感じ、安定感、ふくらはぎの状態を覚えててください。

②タオルギャザーをする
効果的なやり方は前回お話ししました。

③もう一度1番ルルベをする
タオルギャザーをした足の方が楽、あるいは高く立てていれば、足裏を使えています。『うーん』と思ったらタオルギャザーのやり方が間違っています。
 

さて、あなたはどうでしたか?

 

ちなみに、タオルギャザーするときにタオルだと簡単すぎるってこともありますよね。そんな場合はクイックルワイパー使ってください。難易度がグンと上がりますよ。

足裏使って立つと『今まで何だったんだ』と思うくらい高くなります。簡単な方法ですし、効果も証明済みなのでコツコツやってみてください^^