バレエ 鍼

【症例】フェッテで膝が曲がる

こんにちは。島田です。

発表会を控えた方が多く、バレエ治療の内容もより細かいオーダーが増えてきました。

今回はフェッテの脚についてφ(. .  )

フェッテ(・アラベスク)で膝が曲がる

「フェッテするときに股関節がうまく使えなくて、途中でパッセになってしまう」とのこと。

股関節の検査をしたところ、やりづらい方の股関節が柔らかいことがわかりました。

「あ、これはもしかしたら」と思い、前タンジュを見せてもらいました。やはりフェッテでうまく股関節使えてない方の脚は、タンジュを脚だけでやっていました。←これが今回の症状の犯人

これ、原因は股関節ではなく腰(幹)です。

腰(体幹)がきちんと使えない▶バランスで余分に脚を使う▶フェッテで動く脚がまっすぐをキープできずに膝が曲がる

といった感じ。

IMG_4486

腰の鍼治療後もう一度タンジュしてもらったらすんなりできました^^もちろんフェッテも動き良くなりましたよ

片足の振りに対する体幹の影響って大きいです。片足がうまくいかない時は、腰に問題がないかチェックしてみた方が早いかも^^

スクリーンショット 2018-05-20 10.48.32

バレエ 鍼灸

バレエで使う上半身と下半身のバランスを整える鍼

こんにちは。島田です。

上半身と下半身のつながりがうまくいかないと、それぞれの負担が増えます。

・甲出しでふくらはぎを使い過ぎる
・太ももが太くなる(発達する)

という方にお勧めしているのが、体幹強化。
腹筋の入れ方(セルフケア)体幹チューニングの整体ときて、今回は鍼です。

バレエ 鍼灸
鍼で体幹を整える方法はいくつかあるのですが、今回は、上半身と下半身をつなげて、お腹から足を使えるようにするツボを紹介します。

体の上下をつなぐツボ

バレエ 上半身 下半身 つながり
脇腹にある帯脈(たいみゃく)というツボは、ベルトに似た役割があります。体の上下のつながりが悪いときに使えます。

このツボに鍼をした状態で、甲出ししてもらいます。
こうすると、鍼をしてる側と、そうでない側では使う部分が違うので、お腹から足を使う感覚がわかるんです。
もちろん立って使ってみるともっと違いがわかりますよ^^

この鍼は、「体幹を鍛えるとどうなるのか」を感覚的にわかってもらう意味でも使っています。未来の姿の先取りですねφ(. .  )ココ使えるとこうなるんだよ、みたいな

上下のコーディネーションがうまくいかないときはお勧めです。

バレエ 整体 東京

甲出し 整体 かかと

甲出しすると踵が痛い時はココの鍼治療します

こんにちは。島田です。

つま先立ちは平気だけど『甲を出すとかかとが痛い』ということありませんか?
特に、ジャンプが多いバリエーションの練習では起きやすいみたいです。

これ、実は痛い所はかかとではありません。今回は、甲出しすると踵が痛いときに鍼でどこを治療するか紹介します。
 

痛いところはふくらはぎの奥

 
普通にふくらはぎが痛い、疲れている時は『つま先立ちで痛い』です。
つま先立ちは平気だけど甲を出そうとすると痛いときには、もう少し細かくみる必要があります。同じふくらはぎでも深さを変えないと効果がありません。

硬くなってなっているのはべんけいの骨くらい深い部分のふくらはぎ。手で押すなら筋肉の線維を深さごとに触り比べる感覚がないと難しいと思います。

ねらう位置はこの辺が多いです↓
甲出しでかかとが痛いときはふくらはぎの治療
鍼を奥(骨近く)にいれていくと、アキレス腱やかかとにジーンとしたひびきが来て硬さがとれてきます。
3カ所ありますが、かかとのどこが一番つらいかで鍼をする位置も変えています。
 

終わりに

 
ココは体重を支える筋肉で、足のアーチを保つのにも使われます。疲れると、土踏まずもつぶれます
毎日練習するダンサーさん、ジャンプが多いときは疲れやすいところ。ぜひ定期的なケアをして、パフォーマンスアップしてください^^

スクリーンショット 2018-05-20 10.48.32