バレエ 前屈

バレエで内側の筋肉を使ってガラケーのように前屈するヒント。

こんにちは。島田です。

あなたは
開脚できても前屈が苦手
ハムストリングスが固くて膝が浮く
という経験ありませんか?

今回はバレエで使う2つの動きを使って、ガラケーのように前屈をしやすくする方法をお話します。

PS.
この方法は内側を使って動かすヒントにもなります。
ジャックナイフ型のカンブレ(前カンブレ)も使うのはここですから。

バレエ 前屈 ストレッチ

バレエのストレッチで前屈が苦手なときの解決法

こんにちは。島田です。

バレエのストレッチで、前屈が苦手というとき、多くの場合「ハムストリングスが固くて…」と思いませんか?

でも、実はこんなケースの場合、いくらハムストリングスのストレッチをしても前屈はできません。(かえって痛めるだけです)
今回は、普段あなたにお伝えしているセルフチューニングを、私が実際にどう使っているかも含めて解説していきます。

バレエのストレッチで前屈をする時によくある悩みが、

「ハムストリングス(もも裏)が硬くて前屈が出来ない」
です。あなたもそう思っているかもしれません。

でも…同じ前屈をしていても、こんな場合はハムストリングスの硬さというのは原因ではない事があります。
バレエ ストレッチ 前屈
例えば…これくらいの位置で一生懸命この状態でやっても、もも裏が痛いだけでなかなか前に進まないと思います。
これ何が問題かと言うと…腰が落ちていたり、骨盤が立っていなかったり背中が硬い事が考えられます。
従って、この状態からだといくら頑張っても前屈は出来ません。

これはハムストリングスの硬さの問題では無く、どちらかというと上3つの問題です。
 

では、どうやって前屈をしやすくするのか?

 

バレエ自体が整体なので、そのポーズで必要な動きをパーツに分けて整える事で改善する事が出来ます。

例えば今回の前屈の場合はこのようなチェックシートになります。
バレエ 前屈 改善
私が行ったやつは、この中でもプリエです。
腰を立たせる…特に1番、2番等は腰を立たせるのに使います。
背中をまっすぐ倒すのに使うのは3番から5番のプリエです。
 

続けてアームスの絞りです、これをやる事によって背中が引き上がって股関節が開くのでプリエもしやすくなりますし、ターンアウトが開きやすくなります。
後は内ももで骨盤を立たせる方法によって、内転筋を使いやすくして骨盤を立たせるというのをやりました。

プリエで、背中を真っ直ぐ上げ下げ出来れば体幹が使いやすくなって体は折りやすくなります。
 

プラスで内ももで骨盤を立てる方法を行っています。
背中を引き上げた状態で、まず体幹を起こして骨盤を立たせるようにします。
 
これ、腹筋に見えますが腹筋は全く使っていません。
使っているのはどちらかというと背中です。(背中を伸ばして足を上げている感じ)
後は骨盤の中側の筋肉を使っている感じになります。
 

前屈ビフォー&アフター

 
こうして整えていくと体幹が使いやすくなるので、このようになります。
バレエ 前屈 改善
先程の状態と比べると、折れる位置が変わっているのが分かると思います。
ストレッチをする前にきちんと整えてあげると…ここまでいくので、ここからストレッチをしてあげると、より効果的です。
 
このように、パーツに分けて整える事によって「前屈なんて柔軟性の問題だろ!」って思っているかもしれませんが、そのように諦めているポーズもスキル…運転や自転車と同じように学んで使っていけば出来る事に変える事が出来ます。

なので…もしあなたがハムストリングスが硬くて前屈が出来ないとか、ストレッチをしてるのに全然硬くていかないなぁと悩んでいるのであれば、今回のようにパーツごとに整えてみてはいかがでしょうか?