バレエ 笑顔 足上げやすい

笑顔で踊った方が足が上げやすい理由

こんにちは。島田です。

あなたはバレエ教室で踊ってるとき、顔が
「能面みたいになってる」
「ロボットみたい」
「もっと笑顔に」
と言われた経験ありませんか?

『バランスや振りについていくのに必死でそれどころじゃない』
と思いますよね。

でも、実は(楽しくなくても)笑顔の方が足は使いやすいんです…。

PS.
口角を引き下げてルルベアップするのと
口角を引き上げてルルベアップするのと比べてみると面白いですよ。

バレエ 股関節

ほうれい線と股関節の意外な関係

こんにちは。島田です。

バレリーナって年齢関係なく顔綺麗な方が多いですよね。

その要素の1つは、バレリーナにはほうれい線ができにくいからじゃないかな〜と思ってます。

バレリーナに、ほうれい線ができにくい理由は2つあると思っていて、1つは運動量と食事管理。
これで皮膚がたるみにくい状態になりやすいから。
これは「まぁそうだろうな」と思うと思うんです。

でも、鍼や整体の観点からみると、もう1つあるんです…。

PS.
ちなみに、『股関節や腰の痛みをとるために歯医者で噛み合わせ直してもらう』なんてケースもありますよ。

ポワントで立ちづらい意外な原因

ポアントで立ちにくい意外な原因

こんにちは。島田です。

ポアントで立つ時、
・カマ足になる…
・引き上げにくい…
・踊った後にふくらはぎがパンパン…
ってことありませんか?

これは引き上げ不足など、スキル不足の場合もありますが、実は意外な原因で立ちづらくなることもあるんです。

PS.
今回のケースもそうですけど、けっこう足の可動域と顔って連動してます。
なので、顔からアプローチするのもアリですよ。